「玉村豊男」おすすめ作品一覧

「玉村豊男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年8月号

作品一覧

2018/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 料理の四面体
    前半はお腹を鳴らしながら楽しく読みつつも、「グルメおじさんが食べ物好きすぎて変なこと考えちゃってる」くらいのノリにしか感じられず。はて、この「論理的思考が学べる!」たる謳い文句はどこから…と首を傾げつつも、あまりにも出てくる料理が美味しそうで貪り読んでいると、気付いたらもはや最終章に。最後まで読んで...続きを読む
  • 料理の四面体
     初版から30年、紆余曲折を経て再び発行、という料理の本。四面体の定義が後半出てきて、料理全般に対し、ちょっとすっきりイメージが湧いたのがとても良い。また、最初に出てくるラム鍋が実に美味しそう。自宅での挑戦例も記されているので、試したい。
  • 料理の四面体
    「すべての料理は四面体で説明できる」なるほど!と感心しつつも、何故か四面体の体積の求め方を思い出す自分。底面積×高さ×1/3、何故1/3なのか証明するのが難しい!!
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 食卓は学校である
    日々の食事や食卓をどう考えているか、国によって大きく異なっていて、著者が生活したフランスでは食卓を囲む時間を最も大切にしているということを知りました。味覚としての食に目が行きがちかと思いますが、食に関わる場や活動そのものにもっと目を向けるべきなのでは、と感じました。