芦沢央の一覧

「芦沢央」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/15更新

ユーザーレビュー

  • 許されようとは思いません(新潮文庫)
    全てのお話の質が高い、読み応えたっぷりの短編集です。

    この、常にほの暗い救いようのない雰囲気が大好きです( 大声 ) フィクションなのに、どこかリアルで本当にありそうな感じがゾクゾクしました。
    特に表題作は、私が子供の頃に引っ越した場所もよそ者などの意識が強く、色々あったので心がザワザワしながら読...続きを読む
  • 許されようとは思いません(新潮文庫)
    世にも奇妙な物語のような短編集。
    日常に不気味な雰囲気が広がっていくイヤミス。
    『姉のように』が特に好きだった。
    主人公の感情の変化や描写がリアルで途中で読むのをやめたくなるような作品。
    しっかりと騙されて最後はギョッとした。
    思い返せばなるほどねと思う伏線がありました。
    五作品ともしっかり面白かっ...続きを読む
  • 火のないところに煙は(新潮文庫)
    仄暗いホラー味と謎解きのバランスが良かった
    現実と虚実のバランスも、思わず調べてしまうほどに巧妙だった
  • 許されようとは思いません(新潮文庫)
    芦沢さんのこういう作品大好き。
    ちょっとした仕事のミスがどんどん
    ウソで塗り固められたり、
    犯罪の連鎖が起こったり。
    短編集なのに
    どれも深みがあって、すごい。
  • 神の悪手
    凄い小説でした……

    将棋が好きで哲学が好きで本が好きで日本人で、そして生まれてきて良かった。

    今さっき読み終わりましたが、感想書いて正直少しでも早く再読したいので以下…


    "ミイラ"
    今まで読んだことがない全く新しいタイプの物語でした。

    このような作品がこの世に存在することが可能なのか…そん...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!