久生十蘭の一覧

「久生十蘭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/11/04更新

奥の海
無料あり
犂氏の友情
無料あり
キャラコさん
無料あり
金狼
無料あり
黒い手帳
無料あり
水草
無料あり
予言
無料あり
黄泉から
無料あり

ユーザーレビュー

  • 墓地展望亭・ハムレット 他六篇
     1937(昭和12)年-1956(昭和31)年に発表された作品を収めた短編小説集。
     初めて読む久生十蘭作品で、私はこの作家を探偵小説の作者と思い込んでいてのだが、本書を読み始めてびっくりした。最初の3つの短編「骨仏」(1948)「生霊」(1941)「雲の小径」(1956)は、驚くべき純粋芸術とし...続きを読む
  • 十蘭錬金術
    まちがいなく洋装ではなく和装の言葉。背筋をただして纏う着物のような。壮大な史実や有名な事件を背景に、そこにいた一介の人間の事情を描く。ノンフィクションからフィクションを編み出し卑金から金へ。まさに錬金術。渡仏した十蘭の目に映るフランスも味わえた。

    「爆風」には、月齢と月相で敵の爆撃機の入来時期に検...続きを読む
  • 魔都
    津原奏水『玻璃玉の耳輪』のようなミステリ仕立ての冒険小説
    のようなが逆でこちらが先だろうけれど
    ミステリとしても警察ものとしても中途半端だが
    昭和9年の時代ものとして充分な筆力
    登場人物たちにも十二分の説得力があり良い意味で辟易させてくれる佳品
  • 魔都
    探偵小説であり、幻想小説であり、怪奇小説であり、冒険小説であり…ミステリでもある。

    ルポタージュ風の語り口が独特。物語と世界観の妙を引き立てている。毎度、章のはじめに前回の説明があるのだが、作者の言い訳がましい解説やら補足は微笑ましい。

    不可思議な謎はどこへ行く?事件の謎は、大きな拡がりをみせて...続きを読む
  • 墓地展望亭・ハムレット 他六篇
    日影丈吉とともに引っかかった作家。
    凄い好き。
    冒頭から、どんなふうに展開して落ちが付くのだろうと様々な想像を膨らませて読むのだが、そうくるか、と仰天するばかり。
    『墓地展望亭』は、ものすごいファンタジーめいたラブ・ストーリーで、読み始めると止まらない面白さがある。
    『ハムレット』に出てくる女性たち...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!