福田恆存の一覧

「福田恆存」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/05更新

夏の夜の夢・あらし
  • ブラウザ試し読み

ハムレット
  • ブラウザ試し読み

マクベス
  • ブラウザ試し読み

アントニーとクレオパトラ
  • ブラウザ試し読み

お気に召すまま
  • ブラウザ試し読み

オセロー
  • ブラウザ試し読み

コリオレイナス
  • ブラウザ試し読み

サロメ
  • ブラウザ試し読み

じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ
  • ブラウザ試し読み

十二夜
  • ブラウザ試し読み

ジュリアス・シーザー
  • ブラウザ試し読み

リア王
  • ブラウザ試し読み

リチャード三世
  • ブラウザ試し読み

リチャード二世
  • ブラウザ試し読み

老人と海
  • ブラウザ試し読み

ロミオとジュリエット
  • ブラウザ試し読み

ヴェニスの商人
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 老人と海
    鮫が襲ってくること、分かっていたけどいざその描写に辿り着くと手に汗握るような臨場感。老人が巻き込まれないかヒヤヒヤ...老人が海水に手をつけて傷を治そうとしたり、魚を捌くところがとってもリアル。自分じゃ出来ない体験を本を通してできるから読書っていいですよね。子供の頃に読んでたら、ワクワク感とかまた違...続きを読む
  • サロメ
    こういった登場人物一人ひとりが独自のベクトルを持っていて、象徴的な描写に富んでいるもの。いかにも戯曲的・構造的で好き。セクシー。ビアズリーの挿絵もエロティックで良い。
    「とある出来事をきっかけに主人公の内面が変化する~」みたいな、信念の軽薄なものは好きじゃないからとても満足。悪役は悪役のままで悪党の...続きを読む
  • 老人と海
    アーネスト・ヘミングウェイの代表作。

    ヘミングウェイはシカゴで6人兄弟の長男として生まれ一次大戦に従軍後パリに住みスペイン内戦や二次大戦にも従軍記者として参加しそれらの経験も活かし数々の名作を執筆、62歳で猟銃自殺。猫好きで、愛猫は指が6本あったそうな。

    年老いて衰えたキューバの漁師サンチャゴ、...続きを読む
  • 老人と海
    ただの文字から、言葉から、文章から、人間と自然の「生」と「魂」の力強さに圧倒される。老人と鱘の闘いは食う喰われるの関係ではなく、両者生きる者として闘う関係。そこには、自然と距離を開けてしまった現代に生きる人類には感じることが困難な、自然と対等であるからこそ可能なリアル、弱肉強食の自然界がある。本から...続きを読む
  • 黙示録論 ──現代人は愛しうるか

    般若心経に匹敵する解題!

    ロレンスの本文読む必要特に無し。恆存氏の解題を熟読吟味するだけでよし。この後書きは彼の終生にわたる主張のエッセンスである。あと、コリンウィルソン、「アウトサイダー」の後書きと彼の著作「人間この劇的なるもの」「芸術とは何か」を参考書として読めば、少なくとも(ロレンスの)ではなく、恆存氏の思考を辿ること...続きを読む