サロメ

サロメ

作者名 :
通常価格 388円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

妖しい美しさで王エロドの心を奪ってはなさない王女サロメ。月光のもとでの宴の席上、7つのヴェイルの踊りとひきかえに、預言者ヨカナーンの生首を所望する。幻想の怪奇と文章の豊麗さで知られる世紀末文学の傑作。R.シュトラウスのオペラ「サロメ」の原典にもなった。幻想的な美しさで話題を呼んだビアズレーの挿画をすべて収録。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
100ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「サロメ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年09月16日

最初はビアズリーの挿絵付きの英語版を手に入れましたが、当時は英語が苦手で読めなかったため、戯曲の内容はこちらの日本語訳で読みました。
神もご照覧あれ!あの有名な洗礼者ヨハネのエピソードが、世紀末の寵児ワイルドの手で見事なまでにイカれたストーリーに生まれ変わりました。是非ともビアズリーの挿画と一緒にご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月23日

新約聖書をもとに預言者ヨナカーンの首を欲する美しきサロメと、サロメを取り巻くユダヤの王エロドとその妃エロディアス。どんどん先を読みたくなる岩波文庫の福田恆存訳。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月27日

原田マハさんの「サロメ」を読んで購入。ますます深くサロメの魅力に引き込まれます。ビアズレーの挿絵から目が離せなくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月29日

読み終わったのは大分前で、私が十代のときの話しですが、小説のicon o graphの解釈を読んで感動を覚えて思い出したので登録。なるほど、背景にイエス・キリストがいるわけか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月27日

好きなひとが欲しい、でも手に入らない…。
今まで手に入らないものがなかったサロメの傲慢さと無垢さが残酷な方向へ話を進ませます。
手に入ったけれど、そのせいで一生手に入らないものになってしまう。全体的に漂う淫靡で妖艶な雰囲気に惑わされそうになるけれど、力を持ってしまったがため悲劇に変わった、初恋の物語...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは14,020

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!