「海音寺潮五郎」おすすめ作品一覧

【海音寺潮五郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 史伝 西郷隆盛

    海音寺潮五郎は、何かで紹介される際に「1901(明治34)年 - 1977(昭和52)年」と名前の脇に付される場合さえ在る、既に「歴史上の人物」のようになっている作家だ。他界して久しいが、それでも「新しい文庫本」が未だに登場している。“古典”として読み継がれる価値が高い作品が、それだけ多く遺されてい...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 天と地と

    上杉謙信の話。興味深くも楽しく読め、この著者の本もっと読みたいという気になってくる。歴史の流れ人物像など想像が広がった。

    【流れ】
    後に長尾が上杉氏となり、豊臣秀吉によって会津に移され、徳川家によって米沢に移される。

    【人物像】
    ・上杉謙信
    宗教心厚く、他の人のために動く
    越後守護、その後関東管...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 新装版 孫子

    孫子の兵法を記したとされる孫武と孫殯を描いた作品。筆者は史記列伝に記載されてる僅かな記述より想像を加え大きな物語を描いた。後書きにも書いてあるが一人の歴史上の人物を描くのはその人物と同じ呼吸をして人生を生きる事だと。読んでいても大きな息吹を感じる秀逸な作品。

    Posted by ブクログ

特集