「町田康」おすすめ作品一覧

「町田康」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年12月号

作品一覧

2018/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 告白
    熊太郎なるやさぐれ男の少年期から殺人者になってしまうまでの一生の紆余曲折を町田節で紆余紆余と描く。タイトルの「告白」とは自分の思念と言葉と行動が一致しないがために世間からの疎外感で拗ね者になってしまった熊太郎の、最後の告白、人殺しにいたった理由の告白である。登場人物の心情をあまりにもベタベタに直截に...続きを読む
  • ギケイキ 千年の流転
    ギケイキとは「義経記」のこと。源義経による語り下ろしというスタイルで、その生涯をファンキーに綴った快作。
    続編の文庫化が待ち遠しい。
  • ギケイキ 千年の流転
    本家である『義経記』については、子供向けにアレンジした作品を小学校低学年ぐらいに読んでいました。うろ覚えですが、スーパーヒーロー源義経の活躍に胸躍って楽しんだように記憶しています。
    そして本作。町田さんのことだからきっと普通の現代語訳じゃないんだろうなとは思っていましたが・・・やっぱりやってくれまし...続きを読む
  • ギケイキ2 奈落への飛翔
    町田康の文体にゲラゲラ笑わされる。
    前半は喜三太くん、後半は片岡くんがいい味出してて、実にいい。
    性格もフットワークも軽くて今風の若者なのに、ものすごく使える奴ら。
    いいわあ。
    だけど。

    そもそも義経陣営には、千人力の弁慶以外にも百人力の武士がうようよいて、何よりも敗戦しらずの義経がいて、なんでず...続きを読む
  • バイ貝
     カネを稼ぐのは辛く苦しく、カネを遣うのは楽しくて気色がよい。カネを稼ぐために蓄積した鬱を霧消するために、主人公はホームセンターで鎌を買い、中華鍋を買い、はたまた宝くじを買い、結果なぜか鬱が溜まった。
     他に鬱を消す方法がないかと趣味を持とうとする。カメラにのめり込んでからは、鬱の計算もしなくなるの...続きを読む

特集