大岡昇平の一覧

「大岡昇平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/11/04更新

ユーザーレビュー

  • 野火
     日本軍は、病気になった兵士を、病気になったからというそれだけの理由で、追放しちゃうのか、というのが何よりも衝撃。しかもたった六本の芋と銃と自殺用の手榴弾だけを持たせて。命を預けていた軍に最後の最後でそんな仕打ちをされて、病気と飢餓と敵の襲来の恐怖の中で森の中を彷徨い続け、たった一人で死んでいった兵...続きを読む
  • 野火
    戦争文学。
    「戦争は怖いよね、惨いよね、やめようね」といった一言では到底片付けられない、常識と善悪の判断を超越する、運命の流れと人間の命について書き綴られた文学だった。

    自分が病を抱えて戦争と飢餓の真っ只中におり二重に死につつ、南国の太陽と樹々の下にいるという奇妙な事実、兵隊なのに肺病で食糧調達に...続きを読む
  • 野火
    戦争体験はしてませんが、
    昔の日本の兵隊さんがどんな思いで戦いに行ったのか、知る事が大事な事だと思います。誰もが自分の先祖のことを考え、子孫である我々が生きているのは、彼らの時代があったからと考えてもおかしくないと思います。

    読み進めていくと、米国映画さながら、『死』『飢え』が脈々と描かれていて、...続きを読む
  • 野火
    無言館の戦没画学生には、フィリピン・ルソン島で戦死している学生が少なからずいる。たとえば山之井龍郎「昭和16年に出征し、シンガポール、サイゴンなどを転戦したのち、一時帰国するが、すぐに再び出征、20年5月フィリピンルソン島で24歳で戦死」。日本の自然や可憐な少女を描き、人一倍「美しさ」を感じ取ること...続きを読む
  • 野火
    野火の燃え広がる比島をさまよう田村一等兵。人間嗜食を生々しく表現。
    戦争を知らない人間は半分子どもである。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!