鯨統一郎の一覧

「鯨統一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鯨統一郎(クジラトウイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

國學院大學文学部国文学科卒。1998年『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』で第8位受賞。『白骨の語り部』や『京都・陰陽師の殺人』などはテレビドラマ化されている。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • 邪馬台国はどこですか?
    この本はジャンルとしては歴史ミステリーというらしい。
    邪馬台国は岩手にあった!とか、明治維新は勝海舟が催眠術で起こした!とか、章題だけ聞くとアホらしく思えるが、読み進めていくうちにホントかもしれないと思えてしまうところが面白かった。
    というより歴史そのものが面白いなあと感じさせてくれる作品だった。
    ...続きを読む
  • ミステリアス学園
    冒頭、主人公が読んだ唯一のミステリが『砂の器』ってところでガッツリ掴まれる(笑)。予備知識なく普通のミステリかと思って読み始めたところ、ミステリ史をおさらいできるし、最後まで凝った構造になっていて、思いがけず嬉しい誤算。
  • タイムスリップ忠臣蔵
    「猿の惑星」の犬バージョンというわけではないのだけれど、なんとなく、「猿の惑星」を思い出してしまった。

    鯨 統一郎さんの小説は、「邪馬台国はどこですか」に続いて、2冊目。今回も、歴史の勉強になった。

    次は、何を読もうか。
  • ミステリアス学園
     これがフェアかアンフェアかで、いろいろな感想がありそうだけど。
     それぞれのお話での謎解きもまぁまぁおもしろかったし、そもそものこの本の構成自体もすごいというか、こんなことを思い付いたのがすごいと思う。
  • 銀幕のメッセージ~女子大生桜川東子の推理~
    「バーでだらだら推理しつつ東子さんを崇めるシリーズ」とあるが、その通り。映画ネタがもう少しあったら楽しいのに。

特集