鯨統一郎の一覧

「鯨統一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鯨統一郎(クジラトウイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

國學院大學文学部国文学科卒。1998年『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』で第8位受賞。『白骨の語り部』や『京都・陰陽師の殺人』などはテレビドラマ化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/20更新

ユーザーレビュー

  • 新・世界の七不思議
    面白かった。
    「アトランティス大陸の不思議」
    アテネのソクラテス。
    「ストーンヘンジの不思議」
    日本に伝わり鳥居となった。
    「ピラミッドの不思議」
    チグリス・ユーフラテス川。
    雨をコントロールする山。
    日本に伝わり盛り塩となった。
    「ノアの方舟の不思議」
    シュメール人が、...続きを読む
  • タイムスリップ明治維新
    明治維新のころの正史を詳しくは知らないのだけれど、それでも十分楽しめる作りで、しかも文章も読みやすくてスルスルと読める。最後までスリリングな展開で飽きさせない。ただ、うららはもうちょっとガードが固くてもよいのじゃないかと思う。
  • テレビドラマよ永遠に~女子大生 桜川東子の推理~
    前作のラストがあんなだったのに、どう続くのかと思ったら、まさかの。
    いや、ここまでの7作品がそういうことだったとも思ってなかったけど。
    この本は書き下ろしだから、ホントはあれで終わりだった、てことなのかしら。
    でも続きが読めて嬉しい!
  • 三つのアリバイ~女子大生 桜川東子の推理~
    とうとう最終回ですね。
    前作から1か月で出版されてるし、どっちも書き下ろしだから、2冊で一セットかな。
    前作から、過去のことめっちゃ匂わせて来てたしね。
    これで終わっちゃうの、寂しいなぁ。
  • 銀幕のメッセージ~女子大生桜川東子の推理~
    久々にこのシリーズ読んだ。
    タイトルどおり、収録3作品は映画がテーマだけど、それ以外にダイイングメッセージも共通点かな。
    3話目、まさかのラスト。