鯨統一郎の一覧

「鯨統一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鯨統一郎(クジラトウイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

國學院大學文学部国文学科卒。1998年『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』で第8位受賞。『白骨の語り部』や『京都・陰陽師の殺人』などはテレビドラマ化されている。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/10/21更新

ユーザーレビュー

  • 猿蟹 saru・kani
    鯨さんの持ち味だと思うけれど、会話文でするする進むので油断しているとまんまとやられる。計画がすんなり行き過ぎるように思うのだけれど、すんなりいかないと長くなっちゃいそうで、それはそれで読みやすさが減じてしまうか。
  • 邪馬台国はどこですか?
     『邪馬台国の秘密』を読んだ勢いで再読する。惚れ込んだ本で、3冊購入して2冊を友人に進呈した。これまで3度は読み返しているだろうに、巻末短編でイエスの身代りを務めたのは十二使徒の一人ユダではなくトマスだと思い込んでいた。ハテナ? 他の作家の主張なのだろうか。
     確か、後の方の長編で宮田と静香は結婚し...続きを読む
  • 邪馬台国はどこですか?
    面白かった! 歴史の謎にノンフィクションで立ち向かおうとすると、専門家は言うに及ばず、多くの読者を納得させることは困難だろう。しかし、フィクションなら……歴史ミステリーの応募作品だった表題作も含め、そのような解釈や推論もありだろうと思わせる論理展開。歴史学者の静香を狂言回しにして、在野の歴史家・宮田...続きを読む
  • 新・世界の七不思議
    面白かった。
    「アトランティス大陸の不思議」
    アテネのソクラテス。
    「ストーンヘンジの不思議」
    日本に伝わり鳥居となった。
    「ピラミッドの不思議」
    チグリス・ユーフラテス川。
    雨をコントロールする山。
    日本に伝わり盛り塩となった。
    「ノアの方舟の不思議」
    シュメール人が、...続きを読む
  • タイムスリップ明治維新
    明治維新のころの正史を詳しくは知らないのだけれど、それでも十分楽しめる作りで、しかも文章も読みやすくてスルスルと読める。最後までスリリングな展開で飽きさせない。ただ、うららはもうちょっとガードが固くてもよいのじゃないかと思う。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!