「鯨統一郎」おすすめ作品一覧

「鯨統一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鯨統一郎(クジラトウイチロウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

國學院大學文学部国文学科卒。1998年『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』で第8位受賞。『白骨の語り部』や『京都・陰陽師の殺人』などはテレビドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/18更新

ユーザーレビュー

  • 努力しないで作家になる方法
    20170709


    作家で10年生き延びる方法を読んで、非常に面白かったので、順番は逆になったが本作を読んで見た。

    作家になるまでの17年に及ぶみちのりを淡々と記載していて、大変面白かった。

    途中、何度かウルっとするところもあった。

    また、小説を書くための準備、方法も記載されていて大変参考に...続きを読む
  • 作家で十年いきのびる方法
    この著者の作品は初めて読んだ。

    なんと読みやすく面白いのか。
    寝る間も惜しんで読み進めてしまった。

    作家として生きて行くための著者の努力、研究心、そして発想力に感心した。

  • 邪馬台国はどこですか?
    オーディオブックで聞いた。
    全編、邪馬台国の話かと思っていたら、聖徳太子の話や明治維新、イエスキリストの話と、様々な歴史についてのこれまでの解釈を覆す新しい解釈が展開されていて、とても面白かった。
    自分は、中学、高校時代、歴史の授業は苦手だったけれど、この本は興味深く聞く(オーディオブックだからね)...続きを読む
  • タイムスリップ森鴎外
    はじめは面白く、だんだんミステリアスに。
    今の時代に殺されかけた森鴎外がタイムスリップしてくるはなし。最後には自分を殺そうとした犯人が江戸川乱歩だとわかり、過去に戻る。
  • 邪馬台国はどこですか?
    奇想天外な仮説だが、根拠となる資料の提示、解釈を提示されると納得してしまう。
    会話形式で進むので読みやすいし、反論者が自分に変わって疑問点を指摘してくれるが、こういう形でなくても良かったのではないか、とも思う。

特集