猿蟹 saru・kani

猿蟹 saru・kani

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

騙した奴から奪い取れ! コンゲーム小説。

 蟹江静子は、老人ホームに入るために貯めた1千万円を、遠藤を首領とする詐欺グループに騙し取られてしまった。それを知った八原みちるは、蟹江に金を取り返そうと提案する。みちるは、以前悪人をターゲットにして金を奪っていた詐欺師だった。
 昔の仲間を集めて動き出したみちるが、遠藤に持ちかけるのは投資事業。バイオ発電に金を出させて、遠藤の分も奪おうと言うのだ。そこに、みちるを昔から追う警視庁の染田刑事が身辺を嗅ぎ回ってきた。さらに、謎の女性“河原崎聖子”が登場! 一体勝つのは誰なのか。
 ミステリー界の奇才による、書き下ろしコンゲーム小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
小学館
ページ数
392ページ
電子版発売日
2017年01月27日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

猿蟹 saru・kani のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    鯨さんの持ち味だと思うけれど、会話文でするする進むので油断しているとまんまとやられる。計画がすんなり行き過ぎるように思うのだけれど、すんなりいかないと長くなっちゃいそうで、それはそれで読みやすさが減じてしまうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日



    老人ホームに入居する為に、七十路の老体に鞭打ち、清掃の仕事をし、切り詰めて切り詰めて、爪に火を灯す思いで貯めた一千万円。
    しかし、詐欺グループに搾取されてしまう。
    蟹江の婆さんを助けるべく、主人公みちるは立ち上がる。老人ホームで働く若きみちる。かつて、伝説の詐欺師と呼ばれた。昔の詐欺仲間を集め、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています