邱永漢の作品一覧

「邱永漢」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/04/26更新

ユーザーレビュー

  • わが青春の台湾 わが青春の香港
    邱永漢といえば金儲けの神様という触れ込みで多くのマネー本を書いていた流行作家というイメージだった。台南に生まれ、日本人の実母を持ち、国民党軍侵攻後の台湾独立を目指した若者であったということが驚いた。安全な海外から台湾独立を叫んでも誰も呼応しないという嘆きには胸を打たれる。王育徳とのつながりも興味をそ...続きを読む
  • 香港・濁水渓 増補版
    濁水渓
    いや〜傑作…。東山彰良氏の解説にて「作家として生き、言葉に焦がれ、作家として死んでいこうとしない者が書いた小説など、その良し悪し以前にまったく読む気になれなかった。」とあり、その気持ちに私も深く同意するものの氏同様、偏見を持つばかりに傑作を見逃す危険性を私も改めて認識した。
    政治信条を失い金...続きを読む
  • お金持ちになれる人
    お金持ちになるための考え方、姿勢について触れられている。
    お金を増やすためにどのように考え、捉え、行動すれば道が開けるかといった、原典的な本質を学ぶには良書だと思う。
    一方で「こうすれば儲かる」といった具体的な投資手法の本ではないので、短絡的にお金持ちになりたいと思っている人にはまったく向かない。
  • お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ
    お金は汚い?
    確かに小さい頃から親からお金は汚いと言われてきました。
    それが「誰が触ったかわからない」という程度で。
    確かに口に入れるのは良くないですがあそこまで汚物扱いされるのも変やなと思ってました。
    まあ金のために生きてないという矜持の裏返しやと言われたらそんな気もします。

    お金は大切か大切や...続きを読む
  • 食は広州に在り 改版
    台湾でうまれ 香港、広州、日本で 生活した
    邱永漢の 身体には さまざまな 食が 通り過ぎていった。
    また お嫁さんは、広州生まれの料理にくわしい人だった。
    それを 噛み分けて、美味しい 文化比較論が さりげなく
    表現される。

    『人間は生きるために食うのであって、
    食うために生きているのは豚だ』
    ...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!