「村上春樹」おすすめ作品一覧

「村上春樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/10更新

ユーザーレビュー

  • みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―
    「みみずくは黄昏に飛びたつ」(川上未映子 訊く 村上春樹 語る)を読んだ。
    帯にある『ただのインタビューではあらない』には思わず笑った。
    「ほんまかいな。村上さん、率直に語りすぎでしょ!」というくらいに川上さんとの掛け合いが面白いですよ。
    もう一度「騎士団長殺し」読もうっと。
  • スプートニクの恋人
    読後感の良い詩的な作品。
    「ぼく」とすみれとの関係の描写はもちろん、にんじん親子との交流の場面も良かった。
    今まで読んだ作品の中で個人的に1番主人公が好きだった。
  • ロング・グッドバイ
    フィリップ・マーロウシリーズの中で今のところ一番ストーリーが面白い。
    マーロウの格好良さが存分に発揮されてるし、台詞は勿論登場人物も味があっていい。
    ハードボイルドとはこういうものなのだな、と思わせる作品だった。ウイスキーかコーヒーを飲みたくなるね。
  • スプートニクの恋人
    とても不思議な物語でした。うん。凄くこう、不思議です。一応、ジャンルとしては、恋愛もの?ラブストーリー?になるらしい?あらすじによると。ただし、「とても奇妙な、この世のものとはおもえないラブ・ストーリー!!」という注釈も書かれております。

    途中までは、風変りながらも、「ああ、現実世界の話やなあ」と...続きを読む
  • みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―
    こちらは買っていたのだが騎士団長を読み終えるまで手が出せなかった。本編より評価が高い。
    対談とは「誰が聞くか」次第なんだと、仕事としてインタビューをする身として身につまされる。川上さんが村上さんのファンで、過去の著作はもちろんイデアのためにプラトンを読み、村上さんは「そんなこと書いたっけ?」「プラト...続きを読む

特集