ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)

ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

和田誠が描くミュージシャンの肖像に、村上春樹がエッセイを添えたジャズ名鑑。ともに十代でジャズに出会い、数多くの名演奏を聴きこんできた二人が選びに選んだのは、マニアを唸らせ、入門者を暖かく迎えるよりすぐりのラインアップ。著者(村上)が所蔵するLPジャケットの貴重な写真も満載! 単行本二冊を収録し、あらたにボーナス・トラック三篇を加えた増補決定版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年07月03日
紙の本の発売
2004年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

ポートレイト・イン・ジャズ(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    この本はジャズメンやアルバムに関する解説書ではない。タイトル通り、ポートレイトであり、また物語である。少なくとも自分はそう感じた。

    それにしても、ジャズに対する村上春樹氏の造形の深さを改めて感じる。単にジャズをたくさん聴いているだけでは、このような文章は書けないだろう。

    和田誠氏のジャズメンの肖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月30日

    和田さんのジャズメンの絵の味わい深さに加えて、村上さんの的確な文体はジャズファンでなくとも引き込まれ、どうしようもなくジャズを聴きたくなってくるちがいない。ジャズピアノ専門の私も思わず触手がのびてしまう。お見事!と言いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月16日

    ジャズの深い味わいがしみじみと聞こえてくるような、珠玉のアーチスト紹介です。ジャック・ティーガーデンという名前は知りませんでしたが、ぜひ一度聴いてみたくなるような美しい文章での紹介でした。寛いだ暖かい響きのトロンボーンによるバラードだそうです。!バリトンのジェリー・マリガンが麻薬に溺れていたなど、不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月12日

    「音楽を書く」とは、こういうことかと実感させられます。
    いろいろと聴きたくなるアルバムが増えて困ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月30日

    あえて名「本」でなく、名「盤」と呼ばせていただきたい。

    昔ジャズ喫茶のマスターをしていた村上春樹の確かな審美眼と
    和田誠のほっこりイラスト
    説明の要らない大人の一枚

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ジャズを聴くと『ポートレイト・イン・ジャズ』が読みたくなるし、『ポートレイト・イン・ジャズ』を読むとジャズを聴きたくなる。そんな本です。

    というのも、久し振りにセロニアス・モンクを聴いていて、またこの本を読み返したからです。

    様々なジャズ・ミュージシャンが、村上春樹の文章によって、和田誠のイラス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    村上春樹がジャズの入門者のために書いた本。
    和田さんがデザインしてくれて、それぞれのジャズ・アーティストの特徴がわかる。


    ジャズバーで働いていただけの事が伝わってくる、初心者からマニアまでもカバーする一冊だと僕は思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宮沢賢治を追って、な岩手旅行でお世話になったペンションで出会った一冊。面白い、何より挿絵がジャズメンの特徴をよくとらえてる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月11日

    ものすごくジャズが聴きたくなる本。
    まあ聴いたところで私が同じように感じられるとは思わないし、違う好みもあるだろうけれど(それは本人も述べている通り)、音楽をここまで映像化したり、温度を感じられる文章で表現しているのは珍しい気がする。
    まさに全身で受け止めている感じ。
    私ですら名前を知っている人もい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月04日

     和田誠氏の描くジャズ・メンのイラストに村上春樹氏が文章を付けたもの。
     文庫化に際し「ポートレイト・イン・ジャズ」の1と2を一つにまとめ、「ボーナス・トラック」として3名のジャズ・メンが追加されている。
     当たり前のことだが、言葉や文章で音楽を完璧に表現することは不可能だし、読むよりも聴いてし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています