風の歌を聴け

風の歌を聴け

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知り合い、そして夏の終わりを迎える。過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2004年09月
サイズ(目安)
1MB

風の歌を聴け のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年07月06日

    アメリカ文学に触れたことのない自分にとっては、本作中のアメリカ的事物やそこに流れる空気感を感じ取ることはできても、アメリカ文学的な文体や技法についてはピンとこなかった。なので、その味わいは再読時のお楽しみ。

    本作中に登場する人々の語らいは現実のそれとは全く異質で、このような会話を繰り広げる人々が現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月19日

    村上春樹で2作目に読んだ作品。『ノルウェイの森』を読んではまって、次に読んだのがこの作品です。正直、この作品は小説というよりエッセイっぽさが強く、これまでの小説という概念が崩れました。村上春樹さんのデビュー作であり、神宮球場でビールを飲んでたときに思い付いたという話ですが、どうしてこんな面白い話をあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月03日

    主人公切り替わってよくわからないところも多かったけど、共感できたり、救われたりする言葉があって、読むのが楽しかった
    傷ついてることは人に言っても仕方ない、虫歯の例えとかよかった
    火星の風の部分はあり得そうでぞわっとした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月09日

    今まで読んだ中で最も大切な本。
    「完璧な文章などといったものは存在しない、完璧な絶望が存在しないようにね」という文章から始まるが、この言葉ほど勇気をもらった言葉もそうない。死が限定的(終わりのあるもの)であると言うことは、完璧など存在しないのだ。
    村上春樹の小説は結局どうなったんだ?という形で終わる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月05日

    再読だけれど、あまり覚えていなかった。ちんぷんかんぷんになるので、メモを取ったりボイスメモ入れたりしながら読み進める。分からないところはググると、皆「?」と思うところは同じらしく考察がきっちり出てきて人気の程がうかがえる。

    世界観が好きで、読み終わるのが惜しい心持ちになるのは村上作品全てに共通する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月06日

    「何故いつも訊ねられるまで何も言わないの?」
    「さあね、癖なんだよ。いつも肝心なことだけを言い忘れる。」
    「忠告していいかしら」
    「どうぞ。」
    「なおさないと損するわよ。」
    p.92

    かつて誰もがクールに生きたいと考える時代があった。
    高校の終り頃、僕は心に思うことの半分しか口に出すまいと決心した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月10日


    何度も読み返す本の一つ。読むたびに色んな解釈が深まっていく。『風の歌を聴け』は、40の断章で構成されていてメインストーリーがないように思える。読者の謎解きを誘うように、数字やキーワードが散りばめられている。一夏の淡い青春の思い出が描かれているように見えるが、2つのストーリーが巧妙に隠されているので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    タイトルに惹かれて

    あの 2020年09月06日

    タイトルに惹かれて読んでみました。
    最後に伏線が回収されていたり、所々で(様々なことにおいての)正解のない問いがあるので、考えさせられるような気がした。
    一気に一通り読み終えたが、もう一度読み返したいと思いました。
    区分けされているので、描写が変わりがわりに描かれていてそれもまた読みやすかったです

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度でも

    たつおパパ 2020年07月07日

    神戸の高校生が18でこれを読んで、人生が変わった、羊もカフカも良いけれど、この小説は何度も買い直して読んでます。映画も見たいです。小林薫、巻上公一、真行寺君江と震災前のあの町!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月13日

    はじめての村上春樹作品です。はじめてでしたが読んでいてとても楽しかったです。私はオシャレな小説?だ感じました。あとどうしても日本よりアメリカを想像してしまう笑

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング