「講談社+α新書」おすすめ作品一覧

「講談社+α新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/11/13更新

「講談社+α新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング
    就活、婚活、そして、これから必要なのは妊活か?少子化の課題可決になるだろうか?

    4月11日、HONZで見つける。
    5月10日、早朝アウトプットミーティングで紹介した。

    <目次>
    はじめに
    第一章 婚活時代は妊活時代(白河)
    第二章 教科書が教えてくれなかった卵子の話(齊藤)
    第三章 「産めるカラ...続きを読む
  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
    一読すべき本。感じ方は人それぞれだが、自分にとっては非常に有益な本になりました。ファイナンスを一通り再学習して、企業分析を個人的にやってみようと思います。
  • ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
    2015年73冊目
    頭をガツンと殴られたような素晴らしい一冊でした。
    著者は市役所勤務。上司と合わず農林水産課に異動させられる。
    そこで、命ぜられた仕事が?過疎高齢化集落の活性化と?農作物を1年以内にブランド化する。
    担当する地区はほぼ限界集落。若者たちは出て行き、年寄りしかいない昔ながらの村。
    ...続きを読む
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
    ケント・ギルバート氏による中国と韓国の批判本。記述が詳しく、根拠まで詳細に記している。よく調べていると思う。説得力ある。以前、サンデーモーニングに出ていた時は、左翼的発言が多かったように思うが、今は全く逆で真っ当な発言をしている。参考になった。
    「文化大革命のおかげで、儒教の中心となる「仁義礼智信...続きを読む
  • 筑波大学附属病院とクックパッドのおいしく治す「糖尿病食」
    筑波大学附属病院とクックパッドのおいしく治す「糖尿病食」。矢作直也先生の著書。糖尿病食は味付けが薄くておいしくないというのが常識だけれど、こちらのレシピはいかにもおいしそうでしかも健康的。糖尿病でなくてもこういう食生活をすれば健康寿命を伸ばせると期待できる内容です。

特集