一度も植民地になったことがない日本

一度も植民地になったことがない日本

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 921円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私はヨーロッパで30年以上暮らしていますが、日本についてヨーロッパではよく知られているのに、日本人がまったく知らないということがあります。ヨーロッパにおける日本についてのうわさ話、つまり、有名な政治家や大企業の社長や学者が話しているのではなく、街のフツーの人々が日本について話していることをピックアップすると、なんだか日本の本当の姿が見えてくる気がしました。赤裸々な日本人評満載!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年10月14日
紙の本の発売
2007年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

一度も植民地になったことがない日本 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    「なぜ日本は~」と似たような感じかと思ったけど、こちらの方が外からみた日本、という視点が得られ、面白かった。日本人が思っている以上に、世界からは好意的に見られているのかな、やっぱり?と思った。ま、自信を失いまくるより、良い点もみられるようになった方が楽しいよな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月11日

    おもしろいし、読みやすい一冊

    外国の人から見る、日本。
    マスターズカントリーのない日本。

    日本人として、日本で生きる私たち。
    ぜひ読んで欲しい一冊デス

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月06日

    オランダ人を夫に持ち、オランダに住む日本人の著者がさまざまな国籍の友人達との交流の中から日本が外国人からどう捉えられているかをついて述べたエッセーです。

    未だにヨーロッパでは旧植民地から来た労働者をゲストワーカーと呼び差別が残る現状や、世界は以外と日本に興味がなかったりする一面がかかれており、自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月28日

    グローバルな感覚を身につけるには、グローバルな交友関係を持っていろんな考え方に触れるとともに、自分自身の日本人としてしっかりしなくてはいけないということを感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月17日

    十年前の本だということを念頭に置いて、軽く読むつもりだったが面白かった。
    西欧の人は果敢に歴史の話をするのが日本人と大きく異なるところだと思う。なぜ日本はあんな残虐な戦争を仕掛けたのかといきなり問われ、面食らわずに英語で冷静に答えられる日本人は少ないのではないだろうか。私も自分の意見が確立しておらず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月17日

    フランスにすんでいるデュラン・れい子さんのエッセイ集。ヨーロッパから見た日本を書いている。こうした情報はなかなか日本ではお目にかかれない。言い方を変えると日本語では極端に少ない。アジアで植民地になったことがないのは、タイと日本。目を引くタイトルですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月14日

    日本人が知らない「外国人が見た日本」

    うんうん、なるほど。分かりやすい語り口で面白おかしく学ぶことができた。外に出ないと分からないナカのこと……って、あるやあね、確かに。

    どちらが正しいかではなく、文化の違いがそこにある……ということを心に留め置くのも、異文化理解の第一歩となるのだろう。お互いに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月21日

    アジアとアフリカで欧米の植民地になったことがない国は、日本とタイの2つだけです。
    そして、同じ民族の同じ王朝がこれだけ長く続いた国は世界でも日本だけです。
    先の戦争を思うとき、タイを除いたアジアのすべてが植民地化され、日本もその脅威を受けていたことをなぜ日本は話題にしないのか…ってことで、この本を読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    ヨーロッパで生活する日本人という立場の著者の話はとても面白かった。

    一度も日本を出たことのない私はいろいろな外国に行ってみたいと思った。


    しかし最後の章は納得できないところが多く、終わり方もあれ?って感じで、読後感があまりよくなくなったのがとても残念だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月02日

    タイトルを一読すると日本賛美の右寄りの本かもと思っていたが、国際結婚しヨーロッパに住む著者による比較文化を軸としたエッセイだ。元コピーライターだけあって文章はお手の物、すいすいと楽しく読めた。
    9.11テロのことをKAMIKAZEと書かれた違和感。マスターカントリー、ゲストワーカーという言葉から、日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています