中村仁一の一覧

「中村仁一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/29更新

ユーザーレビュー

  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
    医療とはなんぞやと考えさせられる本。意味があるのは、救急医療くらいかなぁと思う。がん検診も、早期発見よりも、検査して異常ありと言われたときのダメージのほうが大きそう。自分も、この本を参考に大往生に向けて邁進したいと思う。

  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ

    合わせ技一本

    こちらの本と余命三ヶ月の嘘と言う本を同時期に読んだのだが、著者は違うのに書いている内容には共通項がたくさん出てきて、二冊読んだところで、病院には近づきたくなくなった。
    生きるという事について考えさせられる本。読んでおいて損はない、っていうか、読め。読んでおけ。なにも知らなかった自分の無知さに恐怖す...続きを読む
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
    著者は現在、老人ホーム専属の医師をしている。彼の長年の老人向け医療について考えるところを正直に記してある。とても説得力がある。
    著者が提唱するのは、高齢者が無理な治療により苦しまない、自然死。高度な医療が無かった昔は、年寄りは死ぬ間際に麻酔物質が分泌され、ウトウト眠るように死んでいったという。
    「食...続きを読む
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
    お医者さんの書いた、医療とのかかわり方に関する本です。

    老化は不可逆、病気は回復可能(なこともある)。
    そのため、本来は老化による体調の不良を、病気による体調の不良をみなすことで、何とか治そうとする人が多すぎる、とのこと。

    生きることの意味を見直す意味でも、また、医療の本来の姿を確認する意味でも...続きを読む
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
    とても面白かった。
    内容が内容なので賛否両論あるとは思うが、基本的な考え方は自分とあっていたと思う。
    延命治療はしたいとは思わないし、その場合にどうしたらよいか具体的に書いてあって参考になった。
    また歳をとったあとに「無駄」な治療をしないほうが苦しまないという事例が何例かでていたので、それらがすべて...続きを読む

特集