中村仁一の一覧

「中村仁一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/24更新

ユーザーレビュー

  • 思い通りの死に方
    死ぬまでの生き方を考えること、なるほどその通り。
    第四章のなぜ死ぬのはがんに限るのか、がスッと体の中に、考え方として入り込んだ。この章だけでも再読する。21/8/30コロナ禍、母の症状を知った夏。
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
    とても興味深い内容がぎっしり。読んで良かった。

    ・末期癌が進行していても気づかないのは痛みがないから。
    ・癌は治療と称して攻撃しなければ痛みはない。
    ・癌の治療薬は8割の人に効果がなくても承認されている。
    ・健康診断は数値で「異常」を作り出す場

    これまで信じ込んでいた「常識」がことごとく覆された...続きを読む
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
     中村仁一 著「大往生したけりゃ医療とかかわるな(自然死のすすめ)」、2012.1発行。医者には序列があって、大学病院の医者が頂点。次に旧国立、日赤、県立などの税立病院、民間の大病院、中小病院と続き、一番下が町医者といわれる開業医。老人ホームの医者(著者、12年目)は、更にその下。著者は沢山の自然死...続きを読む
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして
    中村仁一さんの「大往生したけりゃ医療とかかわるな(自然死のすすめ」に続く「同じタイトル(介護編)2025年問題の解決をめざして」(2017.3)を読みました。団塊世代の一員として、多くの示唆をいただきました。病気を治す主役は「自然治癒力」。医療を利用するのは回復するかQOLが改善できるかの時で、死を...続きを読む
  • 思い通りの死に方
    30冊目。「大往生したけりゃ医療とかかわるな」を読まれた久坂部先生が対談を申し込まれたそうで、ユーモアもたっぷりだった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!