三田誠広の一覧

「三田誠広」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/19更新

ユーザーレビュー

  • いちご同盟
    中学生の時読んでいたら、もっと自分ごとのように感じたに違いない。今高校生になって読んだが、中学生の時感じていた、言葉に表し難い焦燥感、不安、どこか自分だけが取り残されているような、逆に自分はきっと誰とも違うものになるんだ、でももがいてももがけない、そんな危うい感じがヒリヒリするほど伝わってきて、読ん...続きを読む
  • いちご同盟
    特別に親しくしていない同級生からの頼みを引き受けたことで、入院している少女とであった中学3年生の主人公。
    高校受験を控えているなかで、普通科の公立校に進学するか、音楽学校を受験するかで悩んだり、そもそもピアノを練習している意味を改めて考えさせられたり、「自殺」について考えたりと「ザ・思春期」の真った...続きを読む
  • 実存と構造
    実存と構造について説得的な解説がなされているというよりはどちらかというと文学の本で、前半は面白かったが、後半はノーベル賞作家の話ばかりぐだぐだしているいわゆる文学にありがちな権威主義の生き写しのような本だった。この本に限らず、「そろそろ、やめませんか。ノーベル賞の話するの。」と私はずっと思っている。...続きを読む
  • 日本仏教は謎だらけ
    歴史を知るとどうしても踏み込めない所がある
    宗教について知らないことがありすぎるのだ

    一歩整理できた気がする φ(.. )メモメモ
    六波羅密 悟りの境地を得る実践方法
    布施:所有欲を断つ(寄進)
    持戒:戒律のパンピーは守るべきレベル
    忍辱:既存宗教からの批判を耐え忍ぶ
    精進:日本人大好き、常に努力...続きを読む
  • 永遠の放課後
    2021/01/05
    この本も読み返すのが10年ぶりだったかと思う。中学生や高校生ではなく、大学生の悩む様子が描写されているのが面白いなと思いました。
    中学のときに街に転校してきた笹森タケシ、ギターが弾けることがきっかけで仲良くなった杉田、学級委員の中島紗英、この3人の関係を描いた話。
    タケシには父...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!