「島地勝彦」おすすめ作品一覧

「島地勝彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/26更新

ユーザーレビュー

  • 男と女は誤解して愛し合い 理解して別れる

    40歳以上は必読

    日々様々な事に迷う40歳以上の方々については必読です。素晴らしく考えさせられます。
  • 迷ったら、二つとも買え!
    本物を知るには、無駄な時間や無駄なお金遣いが必要となる。著者のよな浪費は賛否があるが、必要以上にケチケチして生きるよりはよっぽどいい。とにかく著者にはおもしろい人間と魅力を感じた。
  • はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき
    良い男ってなんなんだろう? 特に中年以降の男の魅力について考える年齢になってきてしまいました。
    島地さんは、新宿の伊勢丹のメンズ館最上階にセレクトショップがあり、そこのものがいつも気になっていました。それで、この本を読んだ訳で。元週刊プレイボーイの編集長だったり、青山学院大学のOBだったりしたのはこ...続きを読む
  • 迷ったら、二つとも買え!
    上京した折に是非とも行ってみたいお店が著者がプロデュースする伊勢丹の「サロン・ド・シマジ」。バーも併設し、シングルモルトを飲りながら服や雑貨を選べるという、メンズの超高級セレクトブティック。ずらりと並ぶ超一流品。おいそれと買える品ではない。ゆえに眼福求めて行くのが精々。翻って、年を重ねても装う気持ち...続きを読む
  • 男と女は誤解して愛し合い 理解して別れる
     日経BPnetの乗り移り人生相談は大好きである。本書はその傑作選ということで、ネットでバックナンバーを見れば済むのだが、勢い余って電子書籍にて購入した。電子書籍だと細切れ時間に読み進められるので、この手の本には最適である。
     人生は恐ろしい冗談の連続であり、冥土までの暇つぶしだ。冥土までの暇つぶし...続きを読む