偽りの保守・安倍晋三の正体

偽りの保守・安倍晋三の正体

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

吉田茂を源とする自民党主流の政治を追い続けてきた、毎日新聞を代表する"保守本流"政治記者・岸井と、保守と対峙し続けてきた"市民派"論客・佐高が、「本物の保守」とは何かを語り、安倍晋三とその取り巻きたちの虚妄を鋭く衝く!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
電子版発売日
2016年06月24日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

    Posted by ブクログ 2016年07月22日

    昔のTV番組『時事放談』を彷彿とさせる。
    いろんな政治家の話が出てくるけど、もう少し安倍内閣の問題点を抉り出してほしかったな。
    でもこのまま安倍路線が継承されたら、ホントに怖い。どうしたらこの平和ボケした国民にわかって貰えるのだろうか。
    このままでは茹で蛙になってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています