ESG思考 激変資本主義1990-2020、経営者も投資家もここまで変わった

ESG思考 激変資本主義1990-2020、経営者も投資家もここまで変わった

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

もう「E<環境>S<社会>G<企業統治>」を知らずに仕事はできません!
ワシントンポスト、CNN、エコノミストほか世界注目の第一人者による、
不況期こそ重要なESG入門決定版。

世界の巨大投資家が気づいている史上最大の破綻リスクとは何か?
世界の勝ち組企業がやっていて日本企業がやっていない唯一のことは何か?
そして、新型コロナ不況をサバイブするESG思考とは?

2019年9月に開催された国連行動サミットでは、グレタ・トゥンベリの演説が注目を浴びた。欧米での積極的な反応にくらべ、日本国内では批判的な論調が強かった。しかし日本人に見えていない現実がある。世界の投資マネーはESG(環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance))に向かって怒濤の勢いで流れているのだ。その額はおよそ3000兆円!
製造業やIT系グローバル企業もぞくぞくとCO2削減目標を行動方針に掲げていることからわかるように、もはやESGとサステナビリティは世界の勝ち組企業の常識。これに対し、日本の取り組みは遅れが際立っている。
日本人が今ひとつ理解できていないESGの教科書として、ビジネスパーソン必携!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年04月14日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ESG思考 激変資本主義1990-2020、経営者も投資家もここまで変わった のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年11月25日

    とても良い。TCFDに関わるようになって手に取ったけど、これまでの世界の歩みや日本の対応が手に取るようにわかるし、基礎知識として役にたっているように思う。

    アナン事務総長のころの国連の動き(20世紀末)や、その後(21世紀初頭)の国内での経産省と環境省の対応や「CSR」の潮流、あるいは欧米での(W...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    ・欧米でこれだけESG投資と経済成長について議論されているにも関わらず、なぜ日本の企業や投資家はその潮流に乗れていないのか疑問に思った。英語ができないことや、右へ倣えの意識が強すぎることが原因なのだろうか...

    ・恥ずかしながら私も、CSRは株主に社会貢献活動をしているアピールをするためのものだと...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年06月24日

    ESG投資が生まれた背景が、とても細かく書かれているので理解しやすいです。日本と欧米で環境経営に対して考え方がずれていたことが今の差になってしまったことがわかりました。おそらく日本の企業経営や国の政策に関わる人などがしっかり勉強してESG投資やサステナビリティを理解していればもっと日本も欧米に追いつ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    ESGの重要性が叫ばれて久しいが、その内容や背景を理解したく本書を手に取ったが、ESGを誤解していた自分に気付いた。企業の社会的責任あるいは倫理的観点から、環境、社会、コーポレートガバナンス(ESG)を遵守するものと認識していたが、本書を通して、ESGはグローバルで企業が守るべき重要な枠組みとして理...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

    ESG思考、ESG投資の歴史的な流れ、概略がわかる本。
    ところどころ「日本はその時まだ、、、」という指摘があるが、そのとおりだと思う。
    要するに、環境や社会や企業コンプライアンスなどを無視しているとそれが時折大きな問題になる。そこに配慮する姿勢はリスク回避を試みていることだから、投資対象として優良だ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    グローバルとは、こういうことかとわかった1冊だった。

    短期的な利益追求では、うまくいかない。
    長期的な思考が大切。

    投資は、すでにニュー資本主義に移っている。

    CSRとは違った観点。
    社会貢献ではない、SDGsをやっていかないと企業存続が危うい

    自分達に大切な項目(企業が利益を得るために)を...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    この2,3年でよく見るようになった

    ESG

    という三文字のアルファベット.

    SDGsのバッジ(小泉環境相が付けってる)も

    肩書が上な方々が

    つけてるのをよく目にします.

    環境・社会に意識高いです

    というアピールだと

    思いますが

    たぶんその方々の中で

    本当にその意味を理解しているの...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年08月21日

    世の中がESGを意識した活動に代わってきた歴史が、環境破壊を考えるようになった1980年代以降から、SDGsを掲げる現在までに渡って詳しく書かれている、またそこに、日本と外国での差、意識の遅れ、取り組みの遅れがどう出てきているのかがわかる本。

    メモ
    ニュー資本主義とは、環境・社会への影響を考慮する...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    企業のCSRやSDGs活動にピンときてなかったが、本書を読んで、ESGという別の企業戦略がある事を知った。
    日本であまり聞かない用語だが、グローバル企業が少なかったり、政治の問題だったりが起因してるのかと。
    世界は進んでいる。

    0

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    気候変動リスクという新しいリスク管理対象が出てきていると聞いて、興味を持った本。
    ESGと言って環境に配慮した企業が評価されるべきと言う考え方が出てきており、実際にそのような企業の方が業績が上がっているという報告もあるようだった。

    金融機関のリスク管理という観点で、もう一段深く調べたいところ。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社+α新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング