「古草秀子」おすすめ作品一覧

「古草秀子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/08更新

ユーザーレビュー

  • 幼児教育の経済学
    ノーベル経済学賞の著者が、就学前教育が成人して成功した生活を送る上でいかに重要であるかを説いた一冊です。
    就学前の子供に学力などの認知的能力はもちろん、社会において成功するためには、努力や忍耐力などの非認知的能力を高めることが、重要だと記されています。
    日本においても幼いころからの教育はとても重要で...続きを読む
  • 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える
    内向型の著者が書いた、内向型人間の特性を描いた本。
    世の中は外向型への評価が高く、それに対比すると内向型は外向型の長所が「欠けている」という評価となってしまうんですよね。内向型の長所はアピールしづらいというのはあるんじゃないかと思います。アピールするということ自体が、外向型の特性に属するということも...続きを読む
  • 助手席のチェット
    元刑事の私立探偵と、元警察犬候補?のミックス犬が活躍する物語。一人娘を捜して欲しいとの依頼に、最初は腰の重かったバーニー(人間の方)、しかしどうにも解せない事があって。
    犬であるチェットが話して聞かせてくれます。サマリーにも「全世界の犬好きの心を鷲掴み」とあったので、ウキウキ読み始めたら。
    私立探偵...続きを読む
  • 助手席のチェット
    名犬チェットと探偵バーニーの第一弾。「ぼくの名はチェット」改題文庫版。これは犬好きにはたまらない本ですな。チェットの一人(犬?)称なので、常に犬目線。犬ってほんとにこんなこと考えてるのかもと思わせられるくらい、いちいち納得します。血みどろな殺人事件は起こらず、謎解きでもないので、ミステリというより、...続きを読む
  • 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える
    私の仕事で頑張ると消耗する苦手な部分や、人間関係で子どもの頃から感じていた生きにくさの原因に通じていて、共感。長所の活かし方や、苦手な部分をうまくやる方法がとても納得。論文みたいな内容で読むのが好きな人以外は読み進めるの大変かもしれないけど、似たタイプの人にはお勧めしたい内容。