「単行本」おすすめ作品一覧

「単行本」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/02/08更新

「単行本」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 駐在日記
    こんな田舎で暮らしてみたいと思うが、都会になれてしまった身にはどうだろうか。 こんな人たちがいる場所って良いですね。
  • 機龍警察 未亡旅団
    テロ組織『黒い未亡人』との戦いと由紀谷、城木に焦点が当てられた物語。今作からは突入要員の3人が中心になることはないが、前作で過去を知っている分、各言動により深みが増して見えて面白い。また、1作目から話題に上がっていた「敵」の正体が徐々に明らかになっていく。外部からの敵と機甲兵装で戦いつつ、内部の敵と...続きを読む
  • ずる 嘘とごまかしの行動経済学
    人は、どのような時にずるをするのか、ずるに焦点を当てた本。耳がいたい。
    「そこの解答だけ見るつもりで見えてしまった隣の問題を、自分で解けたことにして、なんとなく出来ている気になる」よくあることだ。この導入部分からすでに引き込まれた。

    本書では様々な実験について記述されているのだが、その中でも「偽物...続きを読む
  • 〔少女庭国〕
    "講堂へ続く狭い通路を歩いていた卒業生は気が付くと暗い部屋に寝ていた。部屋は四角く石造りだった。部屋には二枚、ドアがあり、内一方には貼り紙がしてあった。
    貼り紙を熟読した彼女はドアを開け、隣室に寝ている女子を認めるとこれを殺害した。"
    そんな無数の女子達によって構成された小説。

    面白かった。
    少女...続きを読む
  • 機龍警察 未亡旅団
    「機龍警察」シリーズ4作目。
    今作はチェチェン紛争で家族を失った女性・少女で構成されるテロ組織「黒い未亡人」との闘い。未成年でありながら機甲兵装を駆り自爆をも辞さない敵と対峙することとなる特捜部。これまでとは全く異なる困難な任務、そしてある意味では最強の敵。緊迫感が尋常でない。
    戦闘シーンも安定の迫...続きを読む

特集