高殿円の一覧

「高殿円」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高殿円(タカドノマドカ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年04月01日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

武庫川女子大学文学部卒。2000年『マグダミリア 三つの星』でデビュー。同作は第4回角川学園小説大賞奨励賞を受賞している。 『プリンセスハーツ』シリーズ、『銃姫』シリーズなど多くのライトノベル作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎
    井伊直虎(香)と16世紀後半の井伊谷の激動の歴史を辿った時代小説。本作が作者の初の本格時代小説ということに驚かされるほど完成度が高い。
    タイトルの「剣と紅」。女性でありながら「生涯たった1度の紅だった」ことに冒頭で触れ、途中でも効果的に「紅」を登場させることで、香という人物の、井伊家存続と井伊谷...続きを読む
  • 戒名探偵 卒塔婆くん【電子限定イラスト収録版】
    中々面白かったです。
    最終章は前3章と違い、お墓からの謎解きではなかったですが、とても丁寧に時代背景が書かれていて、興味深かったです。
  • 上流階級~富久丸(ふくまる)百貨店外商部~

    まず、二巻目からよんだので、登場人物と鮫島静緒の関係が紐解かれる面白さがあった。難問に立ち向かう静緒の姿と、解決方法がとても面白かった。
  • 上流階級~富久丸(ふくまる)百貨店外商部II~

    まず二巻目から読んでしまったので、人間関係が読めなかったのが残念。
    でも、百貨店外商部が生き生き描かれていて面白かった。
  • 戒名探偵 卒塔婆くん【電子限定イラスト収録版】
    今流行りの人が死なない推理ものですが、出てくるキャラ殆どがかなり性格悪い感じで…とはいえ、最後のエピソードがちょっと泣かせる話で良かったです。

特集