川副智子の一覧

「川副智子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/07/15更新

ユーザーレビュー

  • レヴィンソン&リンク劇場 皮肉な終幕
    ブラックジョークの詰め合わせみたいな一冊で、死体がごろごろ転がっているっていうのに何度かうっかり爆笑してしまった。とりわけ『強盗/強盗/強盗』や『ジョーン・クラブ』みたいな天丼ネタが面白くてお気に入り。アリバイ作りが失敗したミステリとしての『愛しい死体』も、ものすごく良かった。ブラボー!
  • ビール・ストリートの恋人たち
    社会には、ほかの人に害を及ぼす人をやむを得ず拘束して隔離する仕組みや施設は必要だと思う。社会への信頼を保って、社会を存続させるためには必要なことだ。

    でも、その仕組みに差別が組み込まれていると、罪の無い人やその周りの人の人生を破壊してしまう。社会のシステムに差別が組み込まれていると、そのシステムは...続きを読む
  • ビール・ストリートの恋人たち
    今まで私が読んできた海外の小説はどれもこれも白人が主人公だったんだな、と改めて思い知らされた。

    この小説には様々な差別の眼差しがある。
    例をひとつだけ挙げるとすれば、貧しくて家を買うのも一苦労なのに、そもそもここに住みたい!と思っても内見もさせてもらえないのだ。
    それは彼らが「黒人だから」。
    私が...続きを読む
  • ビール・ストリートの恋人たち
    権力が今以上に堂々と人種差別をする時代だった70年代。憎悪以外のなにものでもない理由で無実の罪をきせられ収監された男と、彼の子どもを妊娠している女、そして彼らを救おうとする家族の奮闘。ラブストーリーなんだけど、これはちょっとすごいです。とてつもない絶望と瑞々しい希望のイメージが、交互に湧き上がり畳み...続きを読む
  • 西太后秘録 上下巻合本版

    イメージを覆されました

     「西太后」については、冷酷でライバルを陥れて虐殺した悪女というイメージを持っていましたが、この本を読んでそのイメージが後の時代によって作られたものであった(らしい)と知りました。
     この時代の中国についてはほぼ知らないことばかりで、明治維新以後急速に改革が進んだ日本と対比して読み進めると興味深く...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!