ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス

ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス

作者名 :
通常価格 1,944円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大江千里の前著「9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学」は、2008年に単身NYで音楽大学に留学した彼が言葉の壁や47歳という年齢の壁にぶつかりながら卒業するまでを記し、2017年12月で5刷を数えるヒット作となった。本書はその続き。
2012年に「The New School for Jazz and Contemporary Music」卒業と同時に自身がNYで設立したPND Records。NYでのJAZZライブ、米国ツアー、レコーディング…とアーティスト活動をしつつ、会社社長業と営業宣伝、交渉契約まで「たったひとりで」こなしている大江千里の、NY暮らしの日々をジャズのスタンダードナンバーにのせて綴る。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川マガジンズ
掲載誌・レーベル
単行本
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年09月05日

大江千里さんの著書。愛犬の「ぴ」ちゃんと一緒に、アメリカでジャズ・ミュージシャンとして、どのような生活を送っているかが書かれている。
かっこいいじゃないか!!Senri Oe! 夢を追って47歳からの挑戦。音楽学校に通って、会社立ち上げて、ガタガタの体に鞭打って、いろいろな場所での演奏活動。時にはト...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月03日

歳を重ねても、住む国が変わっても、
演奏する音楽すら変わったとしても
大江千里という人が持つ魅力は
何も変わらないのだと思った。

前作も読んだが、作中で千里さんが
友人たちと何気なく交わす言葉などの端々に
「アメリカ生活もずいぶん長いんだなぁ」と
感じられるのが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月18日

前作を読まずに読んだけれど、文章からプロのジャズピアニストとして活躍している姿がイキイキとしていて、とてもよかった。読みながら、ジャズだけでなく、ポップス時代の音楽も聞いている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月21日

52歳でも少年みたいに感動したり焦ったり喜んだり、山あり谷ありの人生を楽しんでいるおじさんの奮闘記。
かっこよくないけど、これがいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月11日

ジャズのスタンダードナンバーに乗せて綴るNYでの日々。過去の栄光を誇ることなく肩の力を抜いて日々の生活を楽しむ、彼自身の表現を借りれば「Whimsical」な姿が印象的だ。

大江千里氏といえば幾つもの大ヒット曲を持ち俳優としても活躍し芸能界で相応の地位にありながら、47歳で単身渡米(ぴも一緒か)し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「大江千里」のこれもおすすめ

格好悪いふられ方

格好悪いふられ方

  • ブラウザ試し読み

9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

GLORY DAYS

GLORY DAYS

  • ブラウザ試し読み

塩屋

塩屋

  • ブラウザ試し読み

十人十色

十人十色

  • ブラウザ試し読み

夏の決心 進め、少年編

夏の決心 進め、少年編

  • ブラウザ試し読み

YOU

YOU

  • ブラウザ試し読み

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play