9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

これはまるで“のだめ”だ(笑)――二ノ宮知子(漫画家)帯文より。

今までのキャリアをすべて捨て、47歳の時に愛犬と一緒にNYの音楽大学・ニュースクールへ留学する。20代のクラスメイトに「ジャズができていない」と言われ、がむしゃらに練習すれば肩を壊し、自信喪失する日々が続く。しかし、ジャズレジェンドに触れ、仲間たちに励まされ、ジャズの、音楽の喜びを手に入れていく。ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。勇気と努力の心ゆさぶられるリアルストーリー。電子版はカラースナップ113点を収録。


目次
■9th Note
憂鬱のはじまり。
痛み分けはジャズの味
ジャズ学校の異邦人
ジャズに焦りは禁じ手か?
ジャズをひと休み。陽はまた昇る
秋学期よ、こんにちは
双子のフェニックス 
二ューヨークにいる亀
キンモクセイの咲く頃に 上 
キンモクセイの咲く頃に 下 
長いトンネルを抜けて
9番目の音に誘われて
■13th Note
それは憂鬱などではなく…
スモールワールドとモーニング息子。
ホームタウンと20ドル
サンドイッチとビバップ
ハイジの国から来た男。
6つの種から始まった
リユニオン。再会を夢見て
帰り道はいつも寄り道
Stage Fright(舞台恐怖症)
未来を箇条書きにしてみると
宿題引き受け株式会社
データ&インデックス 
大江千里■1960年9月6日大阪生まれ。1983年、シングソングライターとしてデビュー。2008年、渡米。NYの音楽大学ニュースクール卒業後、オリジナルジャズアルバム3枚をリリース。現在は米国内を中心に積極的なライブ活動を展開中。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2015年05月21日
紙の本の発売
2015年04月
サイズ(目安)
32MB

関連タグ:

9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    2008年。日本での名声を捨て、47歳で単身ニューヨークの音楽大学へジャズを学びに入学した大江千里さん。そのニュースを聞き、当時40歳だった私は、大きな驚きとともに、なんだか羨ましい気持ちになったのを思い出します。

    本書は、大学入学から4年半のニューヨークでの生活を千里さんが綴った作品。日本であれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

     申し訳ないと感じるくらい、この本を手に取るのが遅かった。スラッピージョーシリーズは、繰り返し聞きながら、なぜJazzなのか? そんな思いはずっと無かった。そうだったのか。青春期ではないことにも感動、五十歳前後のこんな純粋なもがき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月30日

    1990年代後半に社費留学でNYに行った。同じくNYの同じ大学に留学した同期から、「今の自分と同じ47歳でNYにJAZZを勉強しに行ったストーリー」と紹介された。色々な人生がまだまだあるはずやのにな、と言われてとても気になって手に取った。

    47歳で海を渡った人の名前は大江千里。自分の世代では結構有...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月09日

    ポップスのシンガーソングライターである大江千里は2008年に国内での音楽活動を休止し、ジャズピアニストになるべく単身ニューヨークに渡り、ジャズの音楽大学へ入学する。そして大学を卒業し、ジャズピアニストとして一人立ちするまでを描いた自伝的ノンフィクションが本作である。

    彼が入学したThe New S...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Life

    Mike 2015年09月23日

    So Good!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    凡百のフィクションが束になってかかっても太刀打ちできない圧倒的な情熱と衝動の熱量。停滞する時代と社会の狭間で挑戦する気持ちを持て余す全ての人に読んでほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    47歳で犬と単身ニューヨークに渡り、ジャズの学校に入学して一からジャズを学ぶ日々の記録。

    日本ではアーティストとして活躍していた日々から一転、ポップスとは異なるジャズの世界に身を置き、年齢も国籍もさまざまな同級生達と切磋琢磨していく日常が綴られている。

    何歳になっても好きなものを妥協せずがむしゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    47歳で今までの音楽活動を中止し、アメリカのジャズ大学に入学。
    大江千里さんがそんな思い切ったキャリア転換をしておられたとは、まったく知らなかった。

    すごいなぁ。そんなこと普通できないよ。

    本書では、大学での四年に渡る日々が綴られているが、それはもう読んでいて気の毒になるほど過酷な日々。自分が全...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月25日

    日本で成功を収めて確固たる地位も築きながら所縁も無き土地へ単身乗り込む、47歳の再挑戦。年端もゆかぬ若者から「ジャズをしていない」と謗りを受け、ポップの癖が抜けずに悪戦苦闘と足踏みを繰り返し、ストレスで原因不明の痺れに悩まされ、それでも日々何かに気付き発見し感謝し成長していく。

    「もし自分だったら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月05日

    大江千里、名前だけ知っているだけで、和ポップスの曲一曲も知らない。47歳からのニューヨークジャズ留学というタイトルに引かれて読もうと思った。つまらなかったら止めれば良いと思いつつ367ページ2段組を読みきってしまった。音楽は知りませんが(JAZZも)楽しく読ませてくれました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています