「千葉敏生」おすすめ作品一覧

「千葉敏生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 決定力! 正解を導く4つのプロセス
    同じ著者の『スイッチ』を読んで、よかったので、こちらも読んでみました。

    要するに、決断に際して、誤まりを抑える方法には、次の4つの方法がある、という内容です。
       ・選択肢を広げる
       ・現実性を確かめる
       ・距離を置く
       ・誤りに備える

    これらについて、一つ一つ、事例を...続きを読む
  • スイッチ!
    今年読んだ本の中で最もタメになった。
    どんな人でも読む価値がある本だと思う。
    ブライトスポットに目を向ける!
    効果的な解決は確かにそれしかない。
    目の前が明るくなった気がします。
    全力でお勧めします。
  • 反脆弱性[下]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
    とても示唆に富む本なのだけど、色々考えてしまって進みませんでした。でも、もう少し通して理解しないといけない内容でした。自分もモデルを作っていたからわかるけど、モデルは基本的に線形結合。特に一昔前の多変量解析は線形推定検定論以外の何物でもない。ただ、こうした推論で行くと、どうしてもテールの事象、すなわ...続きを読む
  • 反脆弱性[上]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
    脆いもの=脆弱性、環境変化の影響を受けないもの=頑健性というのが従来の議論。自分もそうだけど頑健なものが良いことのように思っていたけど、この反脆弱性というのは変化を取り込んで良い方向に向けるということかな。もちろん変化をすべてポジティブに変えることはできないけど、小さな失敗はむしろ良しとして、むしろ...続きを読む
  • 反脆弱性[下]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
    タレブの新作を取り上げます。
    タレブと言えば2009年の「ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質」がベストセラーになりました。え、読んでない!?保険に関わっているなら「ブラック・スワン」は必読書です(映画のブラック・スワンとお間違えないよう)。文庫本にはなりそうもないので躊躇なくすぐに読みましょう...続きを読む

特集