Adaptive Markets 適応的市場仮説―危機の時代の金融常識

Adaptive Markets 適応的市場仮説―危機の時代の金融常識

作者名 :
通常価格 4,950円 (4,500円+税)
獲得ポイント

24pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「効率的市場仮説」に代わる新理論
心理学・神経科学・進化論・人工知能など最先端科学の成果を取り入れたバイブル、ついに刊行!
提唱者による決定版

「金融市場は経済法則では動かない。
金融市場は人間の進化の産物であり、むしろ生物学の法則で動く」

「フィナンシャルタイムズ」ベスト経済書

【本書への賛辞】
「ロー氏は説得力ある議論を展開し、同時に、この本を使って面白いアイディアをいくつも披露している。巨大で分散投資の利いたファンドを作り、ガンのさまざまな治療法の開発に投資する、なんかがそうだ」
―エコノミスト誌

「アンドリュー・ローの『適応的市場仮説』は合理性に基づく正統派のアプローチと、心理学や神経科学、進化論、それにコンピュータ・シミュレーションや人工知能などの手法に基づく新しいアプローチを、見事に統合している」
―ダイアン・コイル[ケンブリッジ大学教授]

「私たちが創り出した金融市場も、同じように進化の原理を映している。つまり、競争、革新、再現、適応だ。この重要な著作で、MITのローは、この洞察から得られる過激な意味合いをあからさまにしている」
―マーティン・ウルフ[『フィナンシャル・タイムズ』紙]

「これは素晴らしい文献だ。アンドリュー・ローは、自分が経済学における効率性を再検討し、効率的市場仮説から自分が創った適応劇市場仮説へと、心理学や神経科学、生物学、そして金融技術革新や金融危機の研究を通じてたどり着く旅路を辿って見せている。この本は価値ある発見を多数示しており、同時に、感情――熱意、悦び、憤懣、痛み――であふれている。そのこと自体が、重要な発見を高らかに宣言していると言える。合理的思考と感情は切り離せないものなのだ」
―清滝信宏[プリンストン大学教授]

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
704ページ
電子版発売日
2020年05月29日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

Adaptive Markets 適応的市場仮説―危機の時代の金融常識 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています