望月衛の一覧

「望月衛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/29更新

ユーザーレビュー

  • 反脆弱性[下]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
    タイトルの反脆弱性というのは、脆弱性の英語「fragility(もろさ)」の対義語がないことから、著者が作り出した造語“Antifragility”の日本語訳。

    あらゆる物事は、脆弱、頑健、反脆弱の3つに分けることができ、この本で最も大切とされているのは、この反脆弱性です。

    反脆弱性と言われ、ぱ...続きを読む
  • 反脆弱性[下]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
    コロナ危機を受けて再読した。本当に素晴らしい本だと思う。ブラックスワンの頃から読んでいないと分からない部分も多いと思うが、この本に書いてあることは類を見ないクォリティと革新性だ。タレブはかなり昔から物事のオプション性の危険性と対処の仕方を様々な形で話している。冗長である事や細かな間違いを全体に反映す...続きを読む
  • 天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(下)―――偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略
    「マーケットは効率的だ,それを出し抜く隙はない」
    「賭博場では参加者は胴元に必ず負けるようになっている」

    定説に対して,本当か?と疑問を抱き,
    考える力という己の武器を駆使して相手に正面から(相手の土俵,つまり相手のルールに従った上で)相手を打ち破る.
    そして,この資本主義社会において間違いなく成...続きを読む
  • ヤバい経済学〔増補改訂版〕―悪ガキ教授が世の裏側を探検する
    銃とプール危ないのはどっち?

    相撲の力士は八百長なんてしない?

    学校の先生はインチキなんてしない?

    ヤクの売人がママと住んでいるのはなぜ?

    出会い系のサイトの自己紹介はうそ?

    ウィキペディアは信頼できる?
    アメリカで170万部を売り上げたベストセラー本です。

    経済学といえばこの本というく...続きを読む
  • 天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(上)―――偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略
    数理的な手法で,不確実性とリスクテイクに立ち向かい,勝利をつかんだ男の物語.

    持ち前の能力(”考える力”)と知的好奇心で,現実の難題に立ち向かい,資本主義ゲームの上がりにまで至った人,

    己の知力と試行錯誤,そしてリスクテイクを積み重ねて資本主義世界での勝利(お金を稼ぐ)を成し遂げたことには素直...続きを読む