反脆弱性[上]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

反脆弱性[上]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「万にひとつ」が明日来る――。『まぐれ』『ブラック・スワン』のタレブが、経済、金融から、テクノロジー、人生、健康、そして愛まで、この不確実な世界で不確実性を飼いならし、したたかに生き延びるための唯一の考え方「反脆弱性」について語り尽くす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
456ページ
電子版発売日
2017年06月23日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

反脆弱性[上]―――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    「貧子は困苦に当って、己れを鍛練し
     富子は安逸に流れ、己れを柔弱にする」

     ここには、本書のテーマの「反脆さ」という概念が
     表現されてるように思いますね。

    ◇久しぶりに、自身の考え方に影響を与えてくれる
     本に出会えました。

     著者の前2作から、本書も、その延長だろうと
     たかをくくってま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月10日

    「まぐれ」「ブラックスワン」のタレブの本。

    この人の本は久し振りに読んだけど相変わらずのキレキレ。文句なしにおもしろい。


    反脆弱性の概念は一見分かりにくいのだが、

    ながーい上下巻を通してイヤと言うほどエッセンスを語られるのでおぼろげながらも言いたいことは掴めてくる。


    今まで教えられてきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    グイグイくるタレブ節は病みつきになる。移り変わりの激しい不確実な現代を渡り歩くには頑健だけでは不十分で逆境を成長の糧にする反脆さが重要であると説く。ブラックスワンやまぐれに魅了されタレブの新作を読み始めたが、期待以上だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月04日

    ひょっとすると、バイブルになるかもしれない書。世の中論理的に判っていることは少なくて、ほとんどは実践的に体系つけられてきた。論理的なシステムは論理が破綻したら脆く(脆弱)、論理が破綻しても壊れないぐらい強いもの(頑強)を対義語と考える人が多いが、本当の対義語は論理が破綻したとき(ブラックスワンがが舞...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月15日

    名著『ブラック・スワン』で「一度発生すればカタストロフィをもたらすが、人間には決して予測できない」事象を「ブラック・スワン」と名付け、不確実性の高い世界を予測・コントロールしたいという人間の取り組みがムダであることを暴いた著者が、その後に実際に発生した2つのブラック・スワンである、リーマンショックと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    非常に面白い。

    反脆弱性、反脆さは耐久力や頑健さを超越する。衝撃を糧にする。

    ベイルートは8回破壊され8回再建したらしい。今回の爆発で、9回目と言うことか。

    心的外傷後成長。心的外傷後ストレス障害とは逆で、過去の出来事で心に傷を負った人々が、それまでの自分より強くなると言う現象。

    暇な人は時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    「ブラックスワン」の提唱者として有名なリスク工学の研究者であり、トレーダーや哲学者の顔も持つ著者が、社会や経済がリスクを予測して回避するよりも、むしろリスクを活用して強くなる「反脆弱性」を養うことの必要性を説いた啓発書。

    過度な医療行為が免疫力低下による大病を招いたり、森林環境の人工的な管理が破壊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    前半微妙だったけど、後半畳み掛けるように面白かった
    口は悪いけど、反脆弱性という概念はとても面白いと思う

    下巻も読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月18日

    むちゃくちゃに面白い。金融関係に限定された話かと思っていたが、極めて広く応用が効く認知の歪みに関する話であり、また各種の戦略の立て方に関する話でもある。リスクマネジメント本として長くそばに置きたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月28日

    タレブ氏は奇しくも金融危機直前に『ブラック・スワン』を著しその発生を予見(そして大儲け)したわけであるが、本書『反脆弱性』は黒鳥どもの扱い方を記した本である。テーマは「反脆さ(anti-fragile)」である。例えば氷は物質的安定さを持つ一方固体としての脆さがあり気体は流動性ゆえ反脆さがある。少量...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

反脆弱性 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています