美貌格差―生まれつき不平等の経済学

美貌格差―生まれつき不平等の経済学

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

美形のお得度を真面目に測った史上初の本

見た目で生涯年収の差は2700万円?!
ブサイクな人は保護されるべき?
人の美しさをどう測る?
美しさは収入にどう影響するか?
美形効果が女性の間では小さいのはなぜか?
美形は利益にどう影響するか?
CEOがイケてるほうが業績はいい?
美しい子どもの市場なんてありえるんだろうか?
借金するにも美形はお得?
ブサイクは救えるか?
ブサイクを守らないなんて筋が通るか?
美形だったら人生バラ色?
未来の美形はどうなるか?
ブサイクなあなたに何ができる?

意外にも、着るものや化粧、整形手術に効果はない。
美形かどうかは、会社の業績、選挙の結果、融資の条件、寄付金集めにも影響する。
労働経済学の権威が20年かけて解明した「衝撃の真実」

【主な内容】
はじめに
第1部 美形の裏側
 第1章 美貌の経済学
 第2章 見る人次第
第2部 職場での美形:なぜなにどうして
 第3章 美貌と働き手
 第4章 特定の職業における美形
 第5章 美形と雇い主
 第6章 ブサイク差別か役に立つ美形か、そしてそれはなぜか?
第3部 愛、借金、そして法律での美形
 第7章 友だち、家族、そして借金の市場における美形
 第8章 ブサイクを法律で守る
第4部 美形の先行き
 第9章 ブサイクの行く末
訳者のあとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年03月06日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

美貌格差―生まれつき不平等の経済学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年05月19日

    目の付け所はいいと思います。
    が、まだまだデータ不足な印象を受けました。
    その一方で、「見た目の美」という曖昧かつ主観的な価値(観)とも言えるものを基にした割には、かなり科学的なアプローチではあると思います。

    もし、この本の言う通り、見た目の美しさが、平均的には有利に働くものだとしても、何事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月09日

    なんでも経済学になってしまうのね。
    でも、わかりやすくまとまっていると思う。

    何が驚いたって、男性の方が容姿で給料が変わってしまう確率が高いこと。女性の方が高そうだけど。

    ブサイクな人が取るべき道を、目下歩いている最中な私は、このまま信じてもいいんだな(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    容姿に関する心理学的なあれこれではなく、とりあえずざっと5段階ぐらいで評定して、それが労働収入とかとどう統計的に関係しているかとかそういう話。うしろの方では結婚とかのマッチングの話をしてる。さらに容姿から生じる不平等を解消するにはどうしたらいいかっていう議論もやっているが、まああんまり効果的なのはな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    容姿が収入をはじめとした様々な要素に影響があると同時に、容姿だけが決定づける要因になるわけではないという、当たり前っちゃ当たり前なことを統計等から分析した本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    男性の方が容姿に影響される、って説が面白かった。

    経営者側に美形は必要か?って章の、全員美形だとコストがかかるから対外的な役職には美形を置いて、見えない役職にはブサイクを置いておけって説が、そりゃそうだよなぁと思いつつもひどい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月16日

    何か語っているようで、あんまり何も語ってないかなあ。
    美貌によって得/損があるのでは?というのは凡人の誰もが薄々、でも確信を持って思っていることで、それを立証しようとするのは面白いのだが。

    まずサンプルとして「美しい人」「普通の人」「醜い」を分ける時、一体何の基準で分けてるのかが曖昧だし疑問。美は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月26日

    こういう題材を経済学で真面目に追及した本は初めて読んだけど、アンケートの結果を細かく分析して仮説を立てたり、なかなか細かい内容。容姿の差で生じる不利益からの生涯収入差が23万ドルってなかなかインパクトあるけど、実際は見た目以外の要因も多々あるので、直接的に体感する差では無いのかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月01日

    顔の良し悪しがどの程度収入に影響するか、をベテラン経済学者がまとめた本。
    以外とこの類の論文は書かれてはいるらしいが、本流とは認められてはいないと入っている。訳文的には「ブサイクが〜」というのが連発されるためあまり読んでいて心地よくはない。

    仕草や体つきまで入れてしまうと適正かつ安定的な評価は難し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    面白いテーマなのだろうけど、書籍にするほどのネタがないのだろう。大きめのフォントでページ数も少ないが、それでも同じような内容の繰り返しが目立つ。

    経済学が希少性に関する学問である以上、美貌について論ずるのはよいが、やはり定量的な話は難しそう。5段階で評価(文化や個人の好みなどによる差もあるし、これ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています