黒原敏行の作品一覧

「黒原敏行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/03/23更新

ユーザーレビュー

  • ナイルに死す〔新訳版〕
    ポアロ探偵シリーズ、4冊目。有名なナイルに死す。途中まで殺人事件が起きず、どうなるんだろうと思っていたら続けて3人殺される。
    アガサクリスティは密室系が好きなんだなぁ。
    さぁ映画を観てみよう!
  • すべての美しい馬
    ブラッド・メリディアンでコーマック・マッカーシーのこと大好きになったけど今作もやっぱり面白かった。
    よく感動した作品などに心に刺さるって表現をするが本作は精神に沈み込んでくるような感覚を覚える。ゆっくりと読み進めてじわじわと精神に作用してくるような。
    にしてもボーリングのピンを立てる仕事ってなんなん...続きを読む
  • 幻の女〔新訳版〕
    捉えられそうで捉えられない幻の女。

    なぜ真犯人はここまで先回りが出来るのか?と疑問を抱いたときに、突然膨れ上がる違和感がたまらない。

    迫るタイムリミットと真相に気づいてる人はいるの?という焦り。

    推理小説では大概無能な刑事がちゃんと優秀だったことが意外と嬉しかった(笑)

    古典なのに今っぽい。
  • 幻の女〔新訳版〕
    無実の罪を着せられたスコット。死刑執行までに彼のアリバイを証明する“幻の女”を探し出すべく、友が立つ。

    夜のニューヨークをさまよい歩く男。どうやらムシャクシャと荒れているようだ。彼スコットは、妻と離婚について争っている最中だった。知らないバーに入ってゆきずりの女と酒を飲み、劇場でショーを見る。少し...続きを読む
  • ノー・カントリー・フォー・オールド・メン
    もともと『血と暴力の国』というタイトルで翻訳されていたものが改題、改訂、文庫化されたもの。

    解説にもあるが、確かに改題後、つまり原題のほうが保安官ベルの独白が物語の間に挟まれることにより意図されることが明らかな感じがする。
    犯罪者、というか、シュガーが特異過ぎてちょっと笑える。そして、事件が解決す...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!