「西崎義展」おすすめ作品一覧

「西崎義展」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西崎義展(ニシザキヨシノブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1937年12月18日
  • 出身地:日本
  • 職業:音楽制作プロデューサー

日本大学卒。アニメ作品『宇宙戦艦ヤマト』、『海のトリトン』、『ワンサくん』、『宇宙空母ブルーノア』などを企画やプロデュースで 手がける。実写劇映画『わが青春のイレブン』では音楽プロデューサーを務める。2010年死去、享年75歳。

作品一覧

2016/03/26更新

ユーザーレビュー

  • 宇宙戦艦ヤマト2199(3)
    ピンチからの逆転劇がアツい。極力説明を省いたアニメ版に対して、説明できる所はどんどん話していくスタイルも、読むテンポを読者がある程度コントロールできる漫画版らしいアプローチ。
  • 宇宙戦艦ヤマト2199(6)
    開戦理由の有耶無耶さとか沖田艦長が英雄になったw火星沖会戦とかがやっとコミックスで明かされましたか かなりこのへんはモヤモヤしてたので助かります でも島艦長が地球とリアルタイム通信してたりそのガミラスとの無駄な開戦の戦犯が未だにイズモ計画裏で糸引いてたりするのはどーなんだろ?
  • 宇宙戦艦ヤマト2199(3)
    後だしじゃんけん、25分の制約なし、ということを含めたとしても、ストーリーの構成は漫画版が一歩進んでいる感じがする。むろん、旧作から見れば2199アニメ版も素晴らしいが。
     でも、映像の魅力、心躍る音楽の総合要素も考えれば、甲乙はつけがたい。アニメで描ききれない個性の魅力を、余すことなく書いている点...続きを読む
  • 宇宙戦艦ヤマト2199(2)
    映画を追ってると、コミックはゆっくりだし…何度も読み返すことができるので嬉しいですねー。

    兄の痕跡をを見つけた古代のことが映画よりもきちんと描かれていて、とてもよかったです。

    長丁場になりそうですが完結して欲しい!
    出来れば子どもたちに読ませたいので……
  • 宇宙戦艦ヤマト2199(1)
    読み応えがあります。
    2199は映画もすべて見ていますが、
    キャラクターの表情、描写、セリフ。
    私は映画よりこちらの方が好きかも・・
    TV版はコミックに近い感じでやってもらいたい。
    と思うぐらいです。

特集