谷甲州の作品一覧

「谷甲州」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:谷甲州(タニコウシュウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年03月30日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

大阪工業大学工学部土木工学科卒。『137機動旅団』でデビュー。同作で第2回奇想天外SF新人賞佳作受賞。『火星鉄道一九』(マーシャン・レイルロード)で第18回星雲賞短編部門受賞。その他作品に『航空宇宙軍史シリーズ』、『軌道傭兵(オービット・コマンド)シリーズ』、『山岳シリーズ』などがある。

作品一覧

2019/03/29更新

ユーザーレビュー

  • 天を越える旅人
    チベットの僧が雪山の中亡くなる夢を何度もみる。
    その雪山へ行く旅の中で輪廻、宇宙、カルマと壮大なテーマと共に自分の過去と向き合っていく。一つの世界が広がって自分がちっぽけに見えてくる。
  • ヤマケイ文庫 単独行者 新・加藤文太郎伝下
    新田次郎の孤高の人を読んでから読みました。結果的にはその方が良かったと思う。
    加藤文太郎のパートナーの人物像が大分違ったから、読む順番が逆だとこんなに感動というか、鳥肌は立たなかった。もう最強タッグじゃんって思っていていつまでも心に残った。
  • ヤマケイ文庫 単独行者 新・加藤文太郎伝上
    新田次郎の孤高の人とは違い山の描写が詳細に書かれていて凄い。
    また加藤文太郎の心情が描かれているが、それが堪らなく面白い。上下巻一気に読んだ。
  • 軌道傭兵1 衛星基地撃破

    本格的なSF

    昔ながらのSFで、往年のSFマガジンを思い出し一気に読み切りました。
  • 日本沈没 第二部(下)
    第二部はあまり評判が良くないようであったが、私は非常に楽しめた。
    ただ、第一部では小野寺と阿部玲子との関係性や、「異変」を前に各個人がどのような思惑で動くかといった個人レベルでの感情の動きがよく見えて面白かったが、第二部では政治的な駆け引きや「異変」後の世界情勢等の描写が多く、それでいてページ量は第...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!