ヤマケイ文庫 単独行者 新・加藤文太郎伝下
  • 最新刊

ヤマケイ文庫 単独行者 新・加藤文太郎伝下

作者名 :
通常価格 777円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

構想35年。ヒマラヤ登山の経験を持つ作家・谷甲州が、史実を基に伝説の登山家・加藤文太郎を描ききった長編山岳小説の下巻。
雪山登山がまだ一般的でなかった昭和初期の時代に、案内人も雇わず、ただ独り雪の北アルプスを駆け抜けて風雪の北鎌尾根に消えてしまった加藤文太郎の生涯がリアルに浮かび上がる。
加藤の遺稿集『単独行』を徹底的に分析し、独自の解釈によって生み出された文太郎像は、新田次郎の『孤高の人』とはちがったキャラクター設定となっていて興味深い。

ジャンル
出版社
山と溪谷社
掲載誌・レーベル
ヤマケイ文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2015年07月31日
コンテンツ形式
EPUB

「ヤマケイ文庫 単独行者 新・加...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年07月04日

孤高の人との対比が面白い。
そこで描かれていた加藤文太郎より、より人間臭いというか・・・山に関する実績はやはり物凄いのだろうが、よく考えたらダメだろう、この人、的な。
人の事は言えない所は多々ありますが・・・。

本人著の単独行も読んでみたいものです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月10日

新田次郎の「孤高の人」に出てくる加藤文太郎よりかなり駄目人間として描かれる加藤文太郎が良い。

勿論登山家としてのスキル実績はすごいのだけど(岩場が苦手とかあるけど)、人付き合いは徹底的に苦手で相手に誤解ばかり与えている、その上でカッコつけでメンツを気にするタイプ、親が危篤でも山優先、有給は使い切...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月06日

余りにも情熱的で、頑なであり続ける加藤文太郎の山に賭けた生涯を力強い筆致で描き切った傑作山岳小説。単独行の是非について悩みながらも加藤文太郎は普通の生活も、肉親をも捨てて厳冬期の過酷な登山にのめり込んでいく。

その姿は余りにも真摯であり、何かに追われるようでもあり、夢に向かうというよりも、死に急い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月20日

谷甲州が満をじして書き上げた加藤文太郎を題材にした山岳小説。
新田次郎の『孤高の人』は余りにも有名だけどそれとは違う切り口で書かれている。

山岳描写は谷らしく臨場感に溢れる。

登山をする立場からすると、夜間の行動は今一つ賛同出来ない。本書で書かれてるように自分でも経験をした上で、判断してみようか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!