【感想・ネタバレ】炎の蜃気楼11 わだつみの楊貴妃(中編) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年10月05日

引き続き広島、そして萩。表紙の直江自重して。

直江は言葉を発しながらじゃないと誰かを抱くことができないんだろうか。困った性癖。

直江の独白も痛いが高耶さんの独白も胸に痛い。堕ちゆく男たちが大好物ゆえ息つくことなく一気に読んだ。同性間の共依存…ごくり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年08月19日

やはりこの作品で深みにはまったというか。
彼ら以上のバカップル(こういうと語弊がありますがあえて)にいまだめぐり会えません。改めて読むと高耶さんの直江好きっぷりは初対面から全開だったな、と。嘘だと思うなら日本直高協会の会長の安田さんにきいてくださいヨー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月09日

炎の蜃気楼11

やっと高耶の本心が見えてきておもしろかった。

なんのこっちゃない。直江も変態だが、高耶も変態だったっていうことだ。

体液まで自分のものって。ありえん。

とりあえず、いままでこんな感じ

直江→→→→→→←高耶

だったのが、今回、

直江→→→→→→←←←←←←←←←高耶

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月20日

吉川元春の描写が結構好き。
広島や山口には行ったことがなく、昨今長州藩のことを多少勉強しているところなので
宮島などもいつか行ってみたいなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月13日

毛利&小早川連合軍を相手に信長公大暴れ。
その間にもN氏はぐだぐだとむつかしいことをおっしゃる。空気読め。

信長公には馴染みのある日本語を話していただきたい。
この巻だったか次の巻だったか忘れましたが、なんだ美獣て。フランス語か。

このレビューは参考になりましたか?