真梨幸子のレビュー一覧

  • 私が失敗した理由は
    あれれー?
    意外と評価低いですね!
    個人的には、すごく楽しみました^^
    小説の中に自分を登場させるところと、自分の作品をネタにしちゃうその内容もブラックで、なんか面白い・・・。
    最後まで読んで、、ん?って思って、今、2度目を読んでいます。
    怪しい人物が多すぎて、ちょっと推測しにくかったです(笑)
    ...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動
    最初から『最後』まで読んでほしい!
    イヤミス好きにはたまらない鳥肌エンド。主人公はなぜ殺人鬼になったのか。連鎖する負のDNA。そして最後の最後にほんとにゾッとする!

    実は真梨幸子を林真理子と空目して間違えて買った本だったけど、買ってよかったです。
  • カウントダウン
    前半読んで想像するのとは全く違うエンディングが待っている。
    大ドンデン返しの連続。

    それを反芻するために、久々に最初から読み返してみたい、と思う本だった。
  • カウントダウン
    真梨幸子さんのお話は伏線回収がとにかくすごい!
    比較的、この本は他の本よりもシンプルで頭の中で整理しやすかった。
    久しぶりに真梨幸子さんの本を手に取ったけど、スッキリ感に満足。
    主人公の亜希子は本物のお掃除コンシェルジュだわ。
    なんだかんだで、自分自身に嫌気がさしていた彼女だと思うけれども、最終的に...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動
    人間の闇というものがひしひしと感じられた。
    自分も周りの環境が最悪で、自分の存在価値が見つからず、暗闇を彷徨ってしまったなら、平気で人を殺すようになってしまうんじゃないかと思い、鳥肌が立った。
  • 孤虫症
    読みやすくて、面白かった!
    寄生虫の表現がゾワゾワくる人が多いみたいですが
    私はそうでも無かったです。
    寄生虫が広がって行く恐怖話かと思って読んでいたんですが、ミステリー要素も入ってて、
    そこも良かったと思います
  • 縄紋
    「イヤミスの女王」真梨幸子の新境地とも言える歴史ミステリー。ですが、その脇できっちりと本来の禍々しい殺人事件も進行して、満足な一冊でした。
  • 坂の上の赤い屋根
    これは面白い!
    真梨さんならではの血みどろ場面がいつもよりは少なく、人間関係のドロドロ感で見せる『いやミス』と言った感じ。
  • 縄紋
    真梨幸子の新作。
    遅れて販売される予定の電子書籍が待ちきれず、ソフ
    トカバーの単行本を購入。手にするとかなりの束。読
    むのに何日かかるのか、と思いきや・・・。

    ・・・コレが正解かどうかは解らないが、なんと歴史ミ
    ステリー。それも、日本史の始まりとされる縄文時代
    にフォーカスしてきたところでまず度肝...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動
    #イヤミスの女王 を検索して出会った
    はじめましての作家・真梨幸子さん。

    タイトルが衝撃的でカバーデザインが印象的です。
    只今どハマり中で買い集めていますが
    真梨幸子さんの作品はストーリーとリンクするカバーデザインも魅力の1つかもしれません。

    はしがきに始まり、あと...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動

    途切れることなく陰鬱な世界

     人情として、不幸な人がただ不幸なままでいるよりも、一度幸せになってから再び不幸になる方が読んでいてつらいだろう。

     その点で言うと、この作品の主人公フジコはずっと不幸なままなので、読者としてフジコの不幸に関して段々と慣れていく。いくら読み進めても、もう落ちるところまで落ちてしまうしかないと、...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動
    家族を惨殺され、唯一生き残ったフジコの一生は凄まじいものだった。私は母とは違う!そう自分にいい聞かせて生きてきたフジコは結局知らず知らずの内に母親と同じ道を歩む。
    むしろ母親より悪いのでは...。人間の身勝手さがズブズブ刺さってくる話でした
  • 殺人鬼フジコの衝動
    何でこれを買ってしまったのか…読後考えてしまった。ダークだと分かっていたのに、なぜかずっと読みたかったんだけど…もう、ひたすら大人が悪い。その連鎖が断ち切れないのが、本当に辛い。しっかりしろよ、って思うけど、これは現実にも起きている事なので、軽い言葉も似合わない気がして、とても苦しい独語。Kくんは死...続きを読む
  • 坂の上の赤い屋根
    説明通り、イヤミスでした!もしドラマ化か映画化したら、後味の悪い作品になりそう…後半、目が離せなくて一気に読みました。
  • 三匹の子豚
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    『三匹の子豚』の朝ドラ化により、再び脚光を浴びることになった脚本家の斉川亜樹。母親がうわごとのように「誰か、あたしの人生を“朝ドラ”にしてくれないかしら」と言っていたことを思い出し、それは母親、ひいては祖母からつながる呪縛だった、と思い至る。そんなある日...続きを読む
  • 坂の上の赤い屋根
    2度、読まねばならない作品。
    チープな内容と思いきや、
    自分はどこで勘違いしたのかと確かめたくなる。
  • 坂の上の赤い屋根
    なんだか最近読書が、自分と作家さんとの騙し合いの戦いみたいになってる。今回も、絶対騙されないぞと伏線っぽいとこや相関図をメモしながら読んだ。「これ、後で来るぞ」と思ってたとこが効いてたり全然関係なかったり。黒幕はわかったけど、理由が外れた。最後ドタバタしてたけど面白かった!やっぱり真梨さん大好きだ。
  • 初恋さがし
    短編なので1話ずつ空いている時間にゆっくり読もうと思ったら引き込まれて一気読みでした。
    真梨幸子作品のイヤミスが存分に楽しめる山之内光子が営む女性ばかりの調査事務所を舞台にした7話の連作短編集。

    1-エンゼル様
    願いが叶うと言われる神社に「大好きな先輩と親友が別れる」ことを祈願した手紙を書いたこと...続きを読む
  • 殺人鬼フジコの衝動
    【あらすじ】
    一家惨殺事件に巻き込まれ、一命を取り留めたフジコ。そのことがきっかけで、彼女はかつての地獄のような暮らしから逃れ、同時に“可哀想な子”という強い武器を手にする。可哀想な子として再スタートを切り、叔母の家で暮らすフジコの人生はやがて狂い始め……


    “はしがき”の最後の二行で唐突に、しか...続きを読む
  • 三匹の子豚
    真梨幸子、2019年3作目にして
    令和最初の作品。もう鉄板。誰もが期待する通りの「完璧
    なるイヤミス」。ドロドロで異臭まで漂いそうな真梨幸子
    ワールドを、今回もぶちかましてくれた。

    モチーフはもちろん童話の「三匹の子豚」。ザ・童話と言
    えるくらい有名な話であり、まぁ普通の人なら誰もが知っ
    ている。...続きを読む