朱野帰子の一覧

「朱野帰子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朱野帰子(アケノカエルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1979年
  • 職業:作家

「あけの・かえるこ」と読む。2009年『マタタビ潔子の猫魂』でダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞し、デビュー。『駅物語』、『海に降る』、『真実への盗聴』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.56(2019年6月号)[雑誌]

作品一覧

2019/05/17更新

ユーザーレビュー

  • わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)
    登場人物を見て「うちの会社にもいる」とリアリティの高さに驚きました。
    主人公の結衣が「無能な上司は私だ」と後悔しているのを見て自分も無能であることに気づきました。
    これから仕事、特に残業は周りの人がどうだからではなく自分の気持ちがどうなのかを考えて取り組みたいと思いました。
  • 対岸の家事
    家事の報われない辛さを
    本音でぶつかって 現状を判ってもらう
    でも それも結果的には
    あふれそうなコップから
    ほんの少しの救いなんですよねぇ
    本当に「対岸の家事」は
    火事よりは 他人事じゃないよなぁ
    と思える面白い内容でした
  • わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)
    【それは、静かなる勝利】入社から一貫して「絶対に定時に帰る」ことをモットーとしている東山結衣。外面だけ良いブラック上司に休むことを知らない「皆勤賞女」、そして仕事中毒の元彼などが立ちはだかる中、彼女は自身の幸せのためにそのモットーを貫くことができるのか......。著者は、『対岸の火事』や『海に降る...続きを読む
  • わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)

    わたし、定時で帰ります。

    今、テレビドラマになっている事も有り読み始めましたが、非常に面白く
    一気に読み切ってしまいました。
  • 対岸の家事
    かなり面白く読書できた。
    「私、定時で帰ります」より朱野さんの本を読みだして、けっこうはまっている。

    子育てしながらの家事の大変さを訴えた内容。
    私も子供が小さいから家事の大変さはある程度理解しているけど、それを文章で伝えてくれてとても共感できた。

    小説より何をえるかは人それぞれだと思うが、私は...続きを読む

特集