西條奈加の一覧

「西條奈加」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/23更新

ユーザーレビュー

  • 猫の傀儡(くぐつ)
    人を遣い、人を操り、猫のために働かせる猫の傀儡師「ミスジ」。
    面白かった!
    失踪した先代の傀儡師「頼松」、三日月烏、ユキ、赤爺…どのキャラクターも魅力的だ。ミスジの傀儡の阿次郎も好奇心旺盛で猫好きの好人物。その反面、人の闇も描かれていて、ミステリーとしても成立している。
    ぜひともシリーズ化して欲しい...続きを読む
  • 亥子ころころ
    どなたかのレビューであったように「スイーツテロ」!まさにww 白亥と名づけられたお菓子の外見の風情もすばらしく、和菓子の見立ての楽しさも味わえました。
    雲平という新キャラも出て、互いを思いやりつつゆったり進む季節。父親の、娘に対する口にできない愛情。老いても人に教わる、精進していく気概。読後、とても...続きを読む
  • 隠居すごろく
    徳兵衛が隠居してからゆっくりゆっくり変わっていく様がとても温かい。子供達から気付かされ考えを改めて行動してまた子供達を導く。そんな自分を自分で受け入れる柔軟さと器の大きさが培ってきた芯の部分なのかな徳兵衛さんの。
    最後のシーンの千代太くんはきっといい青年で爺ちゃんも安心して眺めてるだろうね。
  • 猫の傀儡(くぐつ)
    猫が人間を使って事件を解決する話。
    表紙に惹かれて読んでみたが、面白かった。
    猫の傀儡師の先代がいなくなって後を継いだ猫が、猫にまつわる事件だけでなく、先代の仇を討つとは。
    猫の生態を踏まえながら、その蘊蓄とともに書かれているので、思わずうんうんと思ってしまう。
    いろんな事件が繋がっていき、面白く読...続きを読む
  • 無暁(むぎょう)の鈴(りん)
    無暁という一人の男の波乱万丈な生涯を描いた物語、ですが、あらすじを簡単に読んだだけで読み始めてしまった私には、予想外過ぎるほどの波乱万丈な生涯で、タイトルの「鈴」に行き着いた際は呆然としてしまった。才覚に恵まれながらも不器用なほどに誠実で真っ直ぐな無暁に、普段なら怒りに任せた行動をとる主人公を一歩引...続きを読む