わかれ縁 狸穴屋お始末日記

わかれ縁 狸穴屋お始末日記

作者名 :
通常価格 719円 (654円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

【対応端末】

  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

【縦読み対応端末】

  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

シリーズ化も決定! 西條奈加の〈ど真ん中〉傑作人情時代小説

「もう、嫌だ!」定職にもつかず浮気と借金を繰り返す亭主の元を飛び出した絵乃は、ひょんなことから離縁の調停を得意とする公事宿「狸穴屋」の手代見習いとなる。そこに舞い込んでくるのは、いずれも家族の“情”がこじれた難題ばかり。果たして絵乃は一人前の公事師となり、自身の離縁も成し遂げられるか!? 解説・大矢博子

※この電子書籍は2020年2月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

わかれ縁 狸穴屋お始末日記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2023年03月28日

     西條さんの作品は、女性たちが逞しく生きていくものがやはり好きだ。絵乃の素直さと賢さが良い。離婚・再婚歴も仕事に生かす、理想の上司みたいな桐や、退職した志賀の活躍も気持ち良い。
     公事に関わる職業や色々なことが詳しく書かれおもしろい。

    0

    Posted by ブクログ 2023年03月14日

    西条奈加は 上手ですねえ!

    気持ちのいい収まり方をする話しです。

    これは シリーズものになりそうですね。

    やっと一緒に暮らせるようになった絵乃と母親

    どっちも男で苦労したけど やっと幸せがつかめそうですね。

    0

    Posted by ブクログ 2023年05月12日

    わかれ縁/二三四の諍い/双方離縁/
    錦町蔦/思案橋/ふたたびの縁

    繋いだ縁を解く仕事を、江戸の請負人が勤めます。
    新しい縺れが無いように、するりと解けたらスッキリしますねきっと

    0

    Posted by ブクログ 2023年03月15日

    ちょうど出張中に読み終えた。わかれ縁、皮肉にも縁が有って一緒になった人を別れさせる内容だが、別れたくても事情が有って別れられない同僚の話を聞いたばかりだったのでこの小説に不思議な縁を感じた。主人公の絵乃を素敵な人達が取り囲むように物語は展開される。親子の繋がりも優しく強い表現で描写しており折れそうな...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング