カウントダウン

カウントダウン

作者名 :
通常価格 722円 (657円+税)
紙の本 [参考] 803円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

半年後までに、邪魔なものはみんな“片付ける”――。海老名亜希子は「お掃除コンシェルジュ」として活躍する人気エッセイスト、五十歳・独身。歩道橋から落ちて救急車で運ばれ、その時の検査がきっかけで癌が見つかった。余命は半年。潔く“死”を受け入れた亜希子は、“有終の美”を飾るべく、梅屋百貨店の外商・薬王寺涼子とともに“終活”に勤しむ。元夫から譲られた三鷹のマンションの処分。元夫と結婚した妹との決着。そして、過去から突きつけられる数々の課題。亜希子は邪魔なものを“片付けて”終活に奮闘するが、マンションのクローゼットに大きな秘密を抱えていた――。イヤミスの女王が放つ二転三転の“終活”ミステリー、待望の文庫化です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
309ページ
電子版発売日
2020年06月04日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

カウントダウン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    前半読んで想像するのとは全く違うエンディングが待っている。
    大ドンデン返しの連続。

    それを反芻するために、久々に最初から読み返してみたい、と思う本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月30日

    真梨幸子さんのお話は伏線回収がとにかくすごい!
    比較的、この本は他の本よりもシンプルで頭の中で整理しやすかった。
    久しぶりに真梨幸子さんの本を手に取ったけど、スッキリ感に満足。
    主人公の亜希子は本物のお掃除コンシェルジュだわ。
    なんだかんだで、自分自身に嫌気がさしていた彼女だと思うけれども、最終的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    真梨幸子『カウントダウン』宝島社文庫。

    イヤミス。前半はミステリーっぽさが余り無く、主人公の『お掃除コンシェルジュ』海老名亜希子の生活が淡々とつづられるのだが、終盤になると一気に畳み掛けるようなミステリーが展開する。予想通りの展開ではあるが、意表を突いた嫌な感じが後々まで引きずるような結末であった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日


    誰にでも平等に訪れる死。齢50ともなれば、周囲に死の匂いが濃く漂い、たとえ病を得ていなくても自らの死を考える機会は増えていく。そのとき、思うのは自分のいなくなった未来と、自分がこれまで生きてきた過去だ。この小説は、それを増幅して、さらにミステリーの要素を加えて読み応えたっぷりに構成されている。醜い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月13日

    余命宣告を受け、ショックと恐怖の葛藤の部分をカラッと書き上げた作品。
    嫉妬心に支えられたっていうのは良かった。
    最後は少し切なく、ラストはイヤミス好きとしてはスカッとして気持ち良かった。
    今作はおとなしめ?と思ったけどちゃんと真梨先生のエッセンスが効いてた。さすが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    また読んでしまった。
    真梨幸子、もはや中毒、好き嫌いの範疇を超えている。

    真梨幸子作品に出てくる人にお目にかかったことはない。
    自分の周りは善に満ち満ちている、

    こんな人いるんだ?
    えっ。
    基本人間の煩悩妬み、嫉妬、嫉み、ひがみ、
    地獄、餓鬼、畜生的な命。

    普通余命半年と宣告されたら
    少しは真...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月13日

    今回はまだ読みやすかった。
    読みきれてない??
    主人公は結局、妹を守りたかったのか?復讐したかったのか?
    モヤモヤ。
    あぁ~イヤミス。
    さすが、幸子先生。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月11日

    おおー!!
    さっすがー!
    文章は軽く、読みやすい。
    だけど、読んでいて、胸糞悪い!
    真梨幸子!

    余命宣告されて医療を拒否した51歳。
    こんなにも俗世間的なドロドロが出てくるか?
    こんなにも人がつながっているか?
    などなどいろいろ「ひっでぇなぁ~」と思うけど、人の内面のドロドロを、これまたものすごく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    スルスルと3時間くらいで読めた。主人公の主観で進む物語で、周りの人間が嫌な奴ばっかりなんだけど、主人公の死後に周りの人が語り出す主人公の評価も相当嫌な奴だった、というお話。しかも××してたというオマケ付き。これがイヤミスか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています