川上弘美の作品一覧

「川上弘美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:川上弘美(カワカミヒロミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1958年04月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

お茶の水女子大学理学部卒業。1980年『累累』でデビュー。『神様』で第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞、『蛇を踏む』で第115回芥川賞を受賞。『センセイの鞄』がTVドラマ化された。その他作品に『ニシノユキヒコの恋と冒険』、『真鶴』、『パスタマシーンの幽霊』などがある。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

文藝春秋2024年3月号
NEW
1200円(税込)

作品一覧

2024/02/09更新

ユーザーレビュー

  • ニシノユキヒコの恋と冒険
    川上弘美の小説は久しぶりに読んだけれど、これも大好きだった。ニシノユキヒコ、女たらしのような男なのに、どうしてか憎めないのはなんなんだろう。ニシノユキヒコという名が作品タイトルに入っているけれど、語りは彼ではなく、彼と関わった女の子たちだというところがよかったな。短編集みたいで読みやすかった。
  • 三度目の恋
    読む手を止められない。
    でも、噛み締めて読みたい…!
    年間100冊以上読む私が「一気読みするのは勿体ない…!」と躊躇するのは初めての体験でした。
    と、同時にこれはどんな答えを見出せばいいのか…今でも少し戸惑います。
    すっごくカロリーが高い作品であることは間違いないです。
    本来「愛しい」という気持ち...続きを読む
  • 東京日記7 館内すべてお雛さま。
    期待通りの七冊目。大好きな東京日記。繰り返し読むことになるだろう。うれしく、あたたかな気持ち。川上弘美先生の本に出会えて良かったな。数独の本、買ってみようかな。
  • 蛇を踏む
    数珠屋に勤める女性の、店主たちとの何気ない日々が描かれている。だが、私たちの世界とはちょっとだけ違う。この物語の世界では、蛇が人になるのだ。そして、そのことを誰も不思議がらない。読んでいて、とても不思議な気持ちになった。
  • パスタマシーンの幽霊(新潮文庫)
    一遍一遍読むたびに、はぁとひと息ついて、余韻に浸りたくなる。なんだかわからないけど、噛み締めたくなる。

    この短編集を手に取る前に、『ざらざら』『ぼくの死体をよろしくたのむ』を読んでいたので、リンクするお話を見つけるたびに感動していた。もちろん、この短編集から読んでも十二分に楽しめると思う。
    『ざら...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!