竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記

竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
紙の本 [参考] 3,080円 (税込)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

絢爛豪華に花開いた平安王朝の珠玉の名作を、人気作家による新訳・全訳で収録。最古の物語「竹取物語」から、一人の女性の成長日記「更級日記」まで。千年の時をへて蘇る、恋と冒険と人生。

竹取の翁が竹の中から見つけた“かぐや姫”をめぐって貴公子五人と帝が求婚する、仮名による日本最古の物語、「竹取物語」。在原業平と思われる男を主人公に、恋と友情、別離、人生が和歌を中心に描かれる「伊勢物語」。「虫めづる姫君」などユーモアと機知に富む十篇と一つの断章から成る最古の短篇小説集「堤中納言物語」。「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとしてするなり」、土佐国司の任を終えて京に戻るまでを描く日記体の紀行文、紀貫之「土左日記」。十三歳から四十余年に及ぶ半生を綴った菅原孝標女「更級日記」。燦然と輝く王朝文学の傑作を、新訳・全訳で収録。

解題=島内景二
解説=池澤夏樹
月報=小川洋子・津島佑子

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集
ページ数
534ページ
電子版発売日
2017年09月01日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    竹取物語(森見登美彦)
    伊勢物語(川上弘美)
    堤中納言物語(中島京子)
    土左日記(堀江敏幸)
    更級日記(江國香織)
    月報:小川洋子・津島祐子

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    好きな作家さん目白押しで、これは読むしかないなと。

    伊勢物語おもしれえええってなっている。
    川上弘美の作品かと思うくらいどんぴしゃの訳にうっとり。余韻。
    竹取物語はポエム調の和歌がたまらん。これも森見作品かのよう。すばらしいテンポ感。
    堤中納言物語はおもわずニヤリ。
    土左日記は前段と括弧書きの注釈...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月14日

    自分がいかに古典にいい加減に接してきたかを思い知らされることになった。
    かぐや姫の話は誤解が多かった。もっとも、絵本の印象が強くて、かなり違訳を信じていたのかもしれないけれど、それも原典をきちんと読んでいない証拠。
    伊勢物語では、こんな太古から微妙な男女の機微があったのだと感銘を受けた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月10日

    平安時代の頃から日本の文学はこんなに多彩で豊かだったとは。「伊勢物語」は純愛から官能的な愛まで歌いこなす在原業平を好きになった。もてて仕方ない男性の話かと思いきやうまくいかない時もあって面白い。川上弘美の淡々とした調子でいながらしっとりした文章と親和性が高かった。「土左日記」は性器が露わになった女性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月24日

    「こんな、おちゃらけの文学なんてあり得ない!」とも思うけど、50年後でも意味が通じる本として残せたので、これぞ文学なのかも知れない。
    全30巻の中で、この3巻だけを選んで読んでみたけど、結構当たりだったかも・・・!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    竹取物語・伊勢物語・堤中納言物語・土佐日記・更科日記
    どれも学校で古典や歴史で学んだ物語ですが、一度も
    読んだことがありませんでした。(絵本とかあらすじみたい
    なものを除いて)
    初めて読みましたが、現代と異なって違和感のある部分
    もありますし、想いのほか現代でも共感できる部分も
    多く面白く読めました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    森見さんの話が聞きたくて講演会に行って、欲しくなって買った本。森見登美彦さんの「竹取物語」は、確かに森見さんらしい。ファンタジーで、竹林が出てきて、美女も出てきて、そして男たちが片想いをする。川上弘美さんの「伊勢物語」は、授業でやった文章が出てきて懐かしい。在原業平すごい笑 中島京子さんの「堤中納言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    森見さんの竹取物語目当てで読んだ。真面目なようで小馬鹿にした感じが面白い。伊勢物語と堤中納言物語も予想外に面白かった。平安時代って和歌のセンスが問われて大変そう。代筆多かったんだろうな…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月04日

    文学全集なんて・・・!と絶句しないで。このまったく新しいシリーズには漱石も、谷崎も、源氏も古事記も、村上春樹もあります。古典作品は森見登美彦、町田康といった若い作家が訳していてとっつきやすく、この巻の川上弘美訳『伊勢物語』でも、ひたすら恋に泣く男と女の姿が見えてきて古典の印象が変わりますよ◎

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年02月11日

    原文を読めるだけの素養がないので、現代訳で読めるのはありがたい。『土左日記』堀江敏幸氏の「貫之による緒言」と「貫之による結言」に紀貫之の土佐日記への想いが甦ってくるようです。それにしても、平安期の人々はよく泣いていたことを改めて知りました。1000年も昔の日本人の感情とはどのようなものであったのかと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています