「森見登美彦」おすすめ作品一覧

「森見登美彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 夜は短し歩けよ乙女
    ジャケ買いした1冊ですが…
    読み進めていくうちにドップリはまる物語。

    僕も木屋町から先斗町界隈を呑み歩き、
    李白公と語りながら「偽電気ブラン」を呑み、
    古本市で古書を読み漁り、
    詭弁踊りを踊り狂い、
    『偏屈王』の小道具でもやって、
    「ナカメ作戦」(なるべく目にとまる作戦)を展開して、
    栄光のバラ色...続きを読む
  • 新釈 走れメロス 他四篇
    面白い。とにかく面白い。走れメロスなどは笑ってしまうくらいに面白かった。
    何が面白いかは是非読んで理解してほしいので、ここには書かないが、全編通してとにかく面白い。ハズレがないので、まだ読んでいない人は是非今すぐにでも本屋に行くべきである。
  • 夜は短し歩けよ乙女
    森見登美彦さんが好きになるきっかけとなった一冊。
    なにより登場人物がとても魅力的で愛らしい。この世界に飛び込むことができたらと考えると、ウキウキしてくる。不思議で、突飛で、面白い。
    まさに愛すべき阿呆たちだ。
  • ペンギン・ハイウェイ
    聡明なぼくが遭遇した、宇宙の断片。

    宇宙と同じぐらい、未知で魅惑的な大人のお姉さん。

    泣くな、少年。

    えらい人間になるのだ!
  • 夜は短し歩けよ乙女
    最初は独特な言い回しに読みにくいと感じましたが、徐々にハマっていくようになります。
    ふわんとしつつも、あやしさも混じり合ったような…京都独特の雰囲気とこの小説の雰囲気が絶妙に合わさり、テンポの良さも相まって、この本でしか味わえない楽しさを感じることができます。オススメです。

特集