「森見登美彦」おすすめ作品一覧

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

作品一覧

2017/04/05更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 聖なる怠け者の冒険

    さすが森見さんというかんじだった…!物語が壮大すぎるし、意味のわからない設定ばかりなんだけど、なんだか納得させられてしまうのは森見さんだからなんだろうなあ。
    広げた風呂敷をこじつけも含まれてるけどとりあえず畳んじゃうのが本当にすごい!
    正義の味方が怠けてはいけないと誰がきめた?っていうセリフがだいす...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 有頂天家族

     7年振りの続編ということだったが、読めば森見ワールドが広がり、とても懐かしい感じがした。加えて一作目よりも物語に起伏があり、次が気になっていく展開だった。
     狸、天狗、人間が織りなすファンタジーでありながら、京都の実際の場所を舞台にし、そして、人間味あふれる登場人物(?)ばかりであるからこそ、物語...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 新釈 走れメロス 他四篇

    名作を森見さんの解釈で
    まさしくその通り
    知った話なんだけど、森見ワールド
    元ネタ知ってても知らなくても楽しめる作品です。
    すごいと思うのは元ネタも気になってしまうところ。
    こういうところが原作への愛を感じます。

    Posted by ブクログ

特集