「森見登美彦」おすすめ作品一覧

「森見登美彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/23更新

ユーザーレビュー

  • 太陽と乙女
    登美彦氏曰く、「眠る前に読むべき本」。
    どこから読んでもいいし、読みたいものだけ読めばいいという気楽なエッセイ集。
    内容も、読書について、散歩について、自著についてとさまざま多岐に渡ります。
    どれも味のある森見節が楽しめますが、今回特に良かったのは、「書けなかった時期」についてのエッセイが読めたこと...続きを読む
  • ペンギン・ハイウェイ
    スターウォーズやハリーポッターの世界が苦手な私が、面白い!って思えた本。小4の男の子に、心が動かされ続けた一冊だった!
  • ペンギン・ハイウェイ
    映画を見たあと、帰って来て一息に読んでしまった。最近森見さんの本をよく読むんだけど、その中では一番好きな話かも知れない。
    まず触れておきたいのが、風景描写の綺麗さ。これはまあ先に映画を見てしまったからというのはあるかも知れないけど(映画はビジュアル面も凄く良かった)、新興住宅地が凄く魅力的に、綺麗な...続きを読む
  • 太陽と乙女
    森見氏のエッセー集。特に四畳半開拓時代の個所が面白く、森見氏の文体のルーツを知ることができた。また、奥さんのこと大好きなんだなぁと感じられたり、書けなかった時間のことなどが率直に書かれていたりと、森見氏が身近に感じられた。森見ファンは読むべし。
  • ペンギン・ハイウェイ
    「怒りそうになったらおっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ。」
    今作の主人公、研究家で小さな哲学者であるアオヤマ君が私にはツボでした。ところどころ不器用なところが可愛い…。テンポも良くて全く想像のつかない展開がどんどん繰り広げられていくのでページをめくる手が止まらなかっ...続きを読む

特集