「森見登美彦」おすすめ作品一覧

「森見登美彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/04更新

ユーザーレビュー

  • 熱帯
    千一夜物語をテーマにした森見ワールド全開の不思議な物語。入れ子構造の話や繰り返されるモチーフに翻弄されているうちに、自分でも物語を紡ぎたくなってくる…
  • 熱帯
    ついに森見さんの小説で神保町が舞台になった!という喜び。

    でも読み進めていったら神保町にとどまらず、色々な島なども登場し、森見さんらしさを残しつつも新境地という感じがしました。
  • 夜は短し歩けよ乙女
    本屋行くたびになんとなく気になっていたものを、ここ最近ようやく手に取ることができた。
    物語の中に変わった人や変な物がたくさん散らばっているのだが、その全体の調和が良かった。京都に実在する街や建物が舞台になっていたので無性に京都に行きたくなった。

    アニメ映画もあるということでそちらも見た。映像化しが...続きを読む
  • ペンギン・ハイウェイ
    森見さんを知ったきっかけの本です。SFが元々好きですがこんな雰囲気のサイエンスフィクションも良いですね。
    あと個人的にペンギンが大好きだったので手に取った本です。
  • 新釈 走れメロス 他四篇
    森見さんの作品らしく
    有名な文学作品が京都を
    舞台にして広げられていた

    阿呆だけど何故か憎めない
    人物ばかりでどの物語も
    引き込まれる内容だった

特集