「森見登美彦」おすすめ作品一覧

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

作品一覧

2017/03/23更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • ペンギン・ハイウェイ

    初恋にSF 素晴らしい題材です。
    SFは「すこしふしぎ」の方のSFの方ですね。
    最後は壮大なのですが、ペンギンの大群を想像すると可愛くて可愛くて、すこしふしぎな方に分類したくなります。
    アオヤマ少年みたいな子は可愛がられるだろうな。
    いつも一生懸命でまっすぐ。
    読んでいてほのぼのします。
    お姉さんは...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 聖なる怠け者の冒険

    森見登美彦だなあと思いながら読んでました。
    怠け者くんは私のようで、読んでいて親近感が沸きました。
    探偵助手の女子大生は、一生懸命が良かったです。
    無限そばは食べられなさそうだけど、おいしいお蕎麦が食べたくなりました。

    宵山万華鏡も、又読み直さなくては、ともおもいました。

    Posted by ブクログ

  • 夜は短し歩けよ乙女

    古い文学作品のような言い回しの中に存在する森見さん独特の滑稽さを含んだ表現が好き。
    黒髪の乙女に思いを寄せる先輩の素晴らしい迷走ぶりと、黒髪の乙女の天然を通り越すような言動、詭弁論部や閨房調査団青年部などの阿呆らしい組織の存在など最初から最後まで笑わせるような内容だった。
    京都の方の大学はこんなに面...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集