森見登美彦の一覧

「森見登美彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森見登美彦(モリミトミヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年01月06日
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

京都大学農学部生物機能科学学科応用生命科学コースを卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で2006年に山本周五郎賞、本屋大賞などを受賞。『有頂天家族』がTVアニメ化された。その他作品に『四畳半神話大系』、『きつねのはなし』、『恋文の技術』などがある。

公式Twitter

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/08/08更新

ユーザーレビュー

  • 夜は短し歩けよ乙女
    読みはじめは、文章の古風さと主人公の過ぎた天然さに辟易し、話に入り込める気がしなかった。
    しかし読み進めるにつれ、生きたことのない時代の空気を感じるとともに、主人公の豪運さや彼女を取り巻く登場人物の生き様に惹かれていった。

    欲しかった結末は書かれていなかったけど、それもまたいいかと思えた。
    ...続きを読む
  • 四畳半タイムマシンブルース【電子特典付き】
    2022/08/06
    「四畳半神話大系」の続編。前作を読んだのがかなり前だったこともあって、登場人物などを思い出すのに少し時間がかかったけれど、読み始めるとあっという間に森見登美彦ワールドに引き込まれてしまいました。
    京都を舞台にした大学生の学生生活に焦点が当たっていますが、それぞれの人物の一風の変...続きを読む
  • 夜は短し歩けよ乙女
    #夜は短し歩けよ乙女
    #森見登美彦
    .
    京都の町に奇天烈な仲間たちが繰り広げる・・・このジャンルは何と呼ぶべきか、そうか、これはファンタジーだ!
    .
    作者の独特の文体が軽妙なリズムを生み、読み終えてもしばらく自身の頭の中の言葉遣いがおかしな状態。
    .
    でも、とにかく楽しかった。
    .
    巻末に、大好きな...続きを読む
  • 四畳半タイムマシンブルース【電子特典付き】
    「成就した恋ほど語るに値しないものはない」
    この言葉が自分の中でなぜか心に残った。

    言葉にして、物語として誰かに話すのではなく、自分自身が体験したものを自分だけのものとして大事にしまっておくことも素敵だなと思った。
  • 太陽の塔(新潮文庫)
    漫画も読みました
    ねこみたいな水尾さんかわいいし夢の中の景色はキラキラしてて描写もきれいで好きです。
    太陽の塔行きたいすぐにいけないからたくさん太陽の塔模写してみました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!