ペンギン・ハイウェイ

SF・ファンタジー17位

ペンギン・ハイウェイ

作者名 :
通常価格 669円 (税込)
紙の本 [参考] 691円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年01月11日
紙の本の発売
2012年11月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

頭が良く、研究熱心で、理屈っぽい。全然子供らしくないけど、どこか憎めない小学四年生のアオヤマ君。彼の町で起こる不思議な現象とミステリアスなお姉さんとのひと夏の研究と冒険の物語。
ペンギンの群れや「海」、シロナガスクジラやジャバウォックが次々と町に出現してくると思ったら、普通にいじめっことのケンカや探検、おっぱいに思いを馳せたりと、非日常と日常がうまく合わさっていて、あまりSFが得意じゃない人にもオススメです。
森見登美彦独特の、小学生とは思えないくどい言い回しは健在でありながら、表紙の絵のような淡い切なさが全体を通して感じられます。舞台が京都ではなく新興住宅地なのは森見作品にしては珍しいかも。
短い夏休みが終わってしまう、あの懐かしい切ない気分を思い出すのにぴったりな作品です。

Posted by ブクログ 2018年08月10日

数年前に買って読んで以来、ほぼ毎年読み返している一冊。今年は夏に映画化されるということもあって、読み返した。登場人物がとても魅力的で、それを端的に表す文章もまた、作品全体の魅力が詰まっている。映画を観たあとに、またすぐ読み返したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月10日

アオヤマくんの父が教えてくれたという問題の解き方の3つの役立つ考え方はとても簡単に書かれているようで、この3つに尽きるような気がします!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月24日

森見登美彦さんらしさとらしくなさが両方同時に感じられました。スタンドバイミーの冒険感とジブリの爽やかなファンタジー感がいい感じに合わさっているような作品で読んでいてワクワクしました。他の小説の舞台は京都なのですが、今回は地名が出て来なかったような。ファンタジー色が他の作品より強いからかな。
ですが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月20日

映画の公開前に再読。
アオヤマくんの見ている夏の情景や、景色の表現がすき。コーヒーの事とか宇宙の事とか死ぬ事とか。そういえば子供の頃は似たような事を考えてたなあ。暑くなる少し前に読みたい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月10日

小学4年生の大人びたアオヤマくんと歯科医院にお姉さんとペンギンの話。読み進めると不思議で、ん?となることが多かった。
文体は可愛らしく、著者の他作品にも共通する。
世界の果ては遠くになくて、どこにでもある。向かい合ったテーブルの上にも存在するし、それは例えば理不尽なことだったりする。私にはどうにもで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play