「中島京子」おすすめ作品一覧

「中島京子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中島京子(ナカジマキョウコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京女子大学文理学部史学科卒。2003年『FUTON』で小説家デビュー。2010年『小さいおうち』で第143回直木賞受賞。その他作品は『イトウの恋』、『均ちゃんの失踪』、『冠・婚・葬・祭』、『小さいおうち』などがある。

配信予定・最新刊

NEW
樽とタタン
1209円(税込)

作品一覧

2018/08/03更新

ユーザーレビュー

  • 樽とタタン
    *あの店に来ていた人たちは、誰もがどことなく孤独だった。小さな喫茶店でタタンと呼ばれた私が、常連客の大人たちから学んだのは、愛の不平等やしもやけの治し方、物語の作り方や別れについて。甘酸っぱくてほろ苦いお菓子のように幸せの詰まったものがたり*

    何と言っていいのか…読み進めるうちに、あたたかさと切な...続きを読む
  • 小さいおうち
    *赤い三角屋根の家で美しい奥様と過ごした女中奉公の日々を振り返るタキ。そして60年以上の時を超えて、語られなかった想いは現代によみがえる*

    文庫を見つけての再読。初読時はまだ自分も青かったのか、単純に、静かで平坦な物語だなと言う印象でした。
    それが8年経った今読み返すと…なぜ、こんなにも素晴らしい...続きを読む
  • 樽とタタン
    とても懐かしい想いにさせる本でした。
    登場人物がみんなどこか不思議で、でもそういう人っていたなぁ~と思わせるどこかホッとなる人たちです。
    小学生のタタンが見た大人の人たちの世界です。

    どのお話も素敵だったのです。
    「ぱっと消えてぴっと入る」
    「カニと怪獣と青い目のボール」
    が特に好きです。
    でも他...続きを読む
  • 長いお別れ
    つらい症状の進行と、そこに織り込まれるさまざまなエピソードが「生きてゆく」とは、単一の出来事でなくて、さまざな人の人生とからまりあって、助け合って、想い合っていくことなのだと思った。
    悲しいけど、あたたかい気持ちになれる読書時間。
    これから老いに向かっていくなかで、
    これを読めたということを
    大切に...続きを読む
  • 長いお別れ
    認知症になった家族の話。もし親が、もし夫がそうなったら、と、人ごとでない気持ちになった。自分の親にも読んでほしいと思った。

特集