「中島京子」おすすめ作品一覧

「中島京子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中島京子(ナカジマキョウコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京女子大学文理学部史学科卒。2003年『FUTON』で小説家デビュー。2010年『小さいおうち』で第143回直木賞受賞。その他作品は『イトウの恋』、『均ちゃんの失踪』、『冠・婚・葬・祭』、『小さいおうち』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/03更新

ユーザーレビュー

  • 長いお別れ
    とてもいい小説だった。認知症の家族の世話をしている友達がいるので、身近なテーマである。暗くならないような表現なので、楽しく読めるがこの本により患者や家族の苦悩が経験しないものにでもわかる。友達に勧めたい. ロンググッバイとは、英語で認知症を表す。少しずつ記憶を失くしてゆっくりゆっくり遠ざかっていくか...続きを読む
  • ゴースト
    短編7作。
    切ない哀しみ。
    立ち行かない歯がゆさと、悔恨。
    ふとした温かみが胸を抉る。
    戦争は何も生まない。
  • 平成大家族
    宮本輝さんの「彗星物語」も大家族物語だった。
    立て続けに大家族読んでしまったこの頃。

    上記は13人+犬1匹(留学生込み)
    「平成大家族」は、最大時8人
    人数は負けてますが内容は劣りません。

    読み始めはねーなんか…大丈夫?みたいな。
    不安定感満載で読んでて苦しくなるパターン?
    とか思いましたが。大...続きを読む
  • 小さいおうち
    女中タキの昔語りで進行する物語は、語り口調が面白くとても飄々としていてのめり込むように読んだ。第二次大戦中の日本や家事や料理の話、家のなかの人間模様などを女中らしく、時にはすこしの皮肉を交え、「戦争が始まるまでは、なんだかまるでいいことがなかった」と読者を煽ったりする。話し上手な人とはこういう人のこ...続きを読む
  • 妻が椎茸だったころ
    ちょっと不思議な余韻の漂う短編5作品。
    どれもラストでドキリとしたりヒヤリとしたり。短編ながらも中身は濃い。

    一番印象深いのは、タイトルがインパクト大の表題作。
    亡き妻のレシピ帳で見つけた謎のメモ。
    不思議に思った夫は、妻のレシピ帳により今まで知らなかった妻を発見する。
    レシピ帳を読みながら妻の姿...続きを読む

特集