中島京子の一覧

「中島京子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中島京子(ナカジマキョウコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1964年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京女子大学文理学部史学科卒。2003年『FUTON』で小説家デビュー。2010年『小さいおうち』で第143回直木賞受賞。その他作品は『イトウの恋』、『均ちゃんの失踪』、『冠・婚・葬・祭』、『小さいおうち』などがある。

作品一覧

2020/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 樽とタタン(新潮文庫)
    中島京子さんと言えば、小さいおうちが感動的だった。もちろん長いお別れも読みました。私は他にはあまり読んでいないけど、切ない小説を書く方なのかしら。
    本作もとても切なかったです。ちょっと適応障害?みたいな少女の思い出話として、ある喫茶店に集う人たちが描かれる。最初は居場所がない少女が喫茶店の片隅に座っ...続きを読む
  • 黒い結婚 白い結婚
    最悪な結婚について書かれた短編が4つと、最高な結婚について書かれた短編3つ。
    黒い結婚の方は、「かっぱーん」と「愛の結晶」はイマイチ。あとは黒も白もとても良かった。黒い結婚の「水際の金魚」と「家猫」は、わかりやすく結婚に向かない人を描いている。自分が一番可愛い、みたいな。
    白い結婚の方は、「シューク...続きを読む
  • 黒い結婚 白い結婚

    楽しく読めました

    いろいろな 結婚、夫婦のストーリーが面白いです。
  • 小さいおうち
    タキちゃんをはじめ、登場人物の一人ひとりが愛おしい。

    昭和初期の、未来に向かう高揚感。
    銀座という街の、都会感、華やかさ。
    鎌倉という街の、ハイカラ感、爽やかさ。

    誰かを想う強いきもち。


    長い歴史から見ると、ふつうの人が戦争を体験したのはほんの一瞬に思えるけど、忘れてはいけないこと。
    何が正...続きを読む
  • 長いお別れ
    認知症とても身近に感じました。
    自分の祖母も最後は認知症になり亡くなりました。
    そして老老介護。これも今の世の中悲しいことに現実にたくさんあることだと思いました。