【文芸】双葉社 秋の祭典2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
双葉社 看板

「双葉社 秋の祭典2016」開催!双葉社の書籍・マンガの全作品がクーポンで20%OFF!話題の『君の膵臓がたべたい』ほか文芸書もお得に楽しもう!【9/1(木)~9/30(金)】

※セーフサーチをOFFにすると、すべての作品が表示されます。

  • このキャンペーンは終了しました 開催中の特集一覧へ

【売れ筋】小説・ミステリー・SF・ファンタジー

    • 君の膵臓をたべたい

      君の膵臓をたべたい

      2016年本屋大賞第2位!読後、きっとこのタイトルに涙する
      ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていた。こうして、偶然にも【ただのクラスメイト】から【秘密を知るクラスメイト】となった僕。まる...

    • ランチのアッコちゃん

      ランチのアッコちゃん

      働き女子の悩み、ズバッと解決!続編2作もおススメ!
      発行部数12万部を超え、著者を一挙に若手人気作家へと押し上げた注目作がついに文庫で登場! 彼氏にフラれて落ち込んでいた派遣社員の澤田三智子は、畏怖する上司、通称“アッコ女史”こと黒川敦子部長から突然、一週間のランチ交換を命じられる。表題作ほか、「読むと元気になる!」と絶賛され、本屋大賞にもノミネートさ...

    • 餓狼伝 : I

      餓狼伝 : I

      読むと“最強”への憧憬を抱かずにはいられない!
      格闘小説の金字塔が遂に電子化! 東洋プロレスの梶原年雄に敗れ、自らの肉体を鍛え続ける丹波文七と竹宮流・泉宗一郎の野試合は壮絶をきわめた。文七の名は、立会人・姫川勉の口から北辰空手総帥・松尾象山の耳にも届く。小犬のようにつきまとう少年・久保涼二をつれ、文七は東京へ。目指すは梶原!

    • ジャッジメント

      ジャッジメント

      大切な人が殺された時、あなたは「復讐法」を選びますか?
      大切な人を殺された者は言う。「犯罪者に復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人々は言う。「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。20××年、凶悪な犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。それが「復讐法」だ。目には目を歯には歯を。この法律は果たして被害者たちを救えるのだろうか?

    • 誰かが足りない

      誰かが足りない

      2016年本屋大賞受賞作家の、2012年ノミネート作
      予約を取ることも難しい、評判のレストラン『ハライ』。10月31日午後6時に、たまたま店にいた客たちの、それぞれの物語。認知症の症状が出始めた老婦人、ビデオを撮っていないと部屋の外に出られない青年など、6人の人生と後悔や現状の悩みを描く。「ハライに行って、美味しいものを食べる」ことをひとつのきっかけにし...

    • 二千七百の夏と冬 上

      二千七百の夏と冬 上

      新・直木賞受賞作家による、前代未聞の「縄文」ロマン
      2011年、夏――ダム建設工事の掘削作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が同時に発見された。二体は手を重ね、顔を向け合った姿であった。3千年近く前、この二人にいったいどんなドラマがあったのか? 新聞記者の佐藤香椰は次第にこの謎にのめりこんでいく。 紀元前7世紀、東日本――ピナイの村に住むウルクは15...

    • エンジェルボール : 1

      エンジェルボール : 1

      広島本大賞受賞作。今年読まなきゃいつ読む!
      トラック運転手をしながら小学生の息子二人と広島県因島で暮らすバツイチ41歳の寺谷和章は、ある夜、交通事故に見舞われ、目の前に現れた謎の天使に“思いのままに飛んでいく魔球”を授かる。和章は「カープを日本一にする」という子供の頃の夢を叶えようと、広島カープの入団テストを受けに行くが……。家族とそれを取り巻...

【ピックアップ】警察小説

    • 犯人に告ぐ 上

      犯人に告ぐ 上

      豊川悦史主演で映画化されたミステリーの傑作!今夜は震えて眠れ――
      闇に身を潜め続ける犯人。川崎市で起きた連続児童殺害事件の捜査は行き詰まりを見せ、ついに神奈川県警は現役捜査官をテレビニュースに出演させるという荒技に踏み切る。白羽の矢が立ったのは、6年前に誘拐事件の捜査に失敗、記者会見でも大失態を演じた巻島史彦警視だった──史上初の劇場型捜査が幕を開ける。第7回大藪...

    • 犯人に告ぐ : 2 闇の蜃気楼

      犯人に告ぐ : 2 闇の蜃気楼

      待望の第2弾!警察、犯人、被害者家族――前代未聞の騙し合い
      神奈川県警が劇場型捜査を展開した「バッドマン事件」から半年。巻島史彦警視は、誘拐事件の捜査を任された。和菓子メーカーの社長と息子が拉致監禁され、後日社長のみが解放される。社長と協力して捜査態勢を敷く巻島だったが、裏では犯人側の真の計画が進行していた――。知恵の回る犯人との緊迫の攻防! 単行本文庫合...

    • 確証

      確証

      高橋克実、榮倉奈々主演でドラマ化。新しい「相棒」の誕生!
      窃盗犯を担当する警視庁捜査三課の警部補・萩尾秀一と、部下の女性刑事・武田秋穂。独特の「目」で犯罪を観察し事件の真相に迫る。警察小説の第一人者が満を持して放つシリーズ第一弾!! 連続テレビドラマ化原作。

    • 真贋

      真贋

      『確証』に続く盗犯捜査の決定版!
      盗犯を担当する警視庁捜査三課のベテラン刑事・萩尾と、その部下の女性刑事・秋穂。テレビドラマ化もされた話題作『確証』で活躍した刑事達が帰ってきた! 窃盗事件の報に臨場する萩尾と秋穂。その手口を見て、常習窃盗犯・ダケ松の仕業だと見抜く。やがて、ダケ松が逮捕される。面会した萩尾は、その供述に疑問を持つ...

    • 傍聞き

      傍聞き

      2012年「おすすめ文庫王国」ダントツ1位!続編『赤い刻印』もおすすめ
      娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心動かされる「傍聞き」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。巧妙な伏線と人間ドラマを見事に融合させた4編。表題作で08年日本推理作家協会賞短編部門受賞!

    • ケモノの城

      ケモノの城

      『ストロベリーナイト』著者によるサイコパスミステリー
      17歳の少女が自ら警察に保護を求めてきた。その背景を探る刑事に鑑識から報告が入る。少女が生活していたマンションの浴室から、大量の血痕が見つかったのだった。やがて、同じ部屋で暮らしていた女も警察に保護される。2人は事情聴取に応じるが、その内容は食い違う。――圧倒的な描写力で描く事件は、小説でしか説明する...

    • ナンバー

      ナンバー

      知能犯を追い詰める捜査二課はこんなに凄い!続編もおすすめ
      所轄署から警視庁本部への転属が決まった西澤は意気軒昂として桜田門に向かう。だが、所属は期待していた刑事部の華といわれる捜査一課ではなく、詐欺や横領事件といった知能犯を追う捜査二課だった……。犯人や同僚・上司。事件に関わる人間の裏表を、かつてない緊迫感で描く迫真の警察小説。

【売れ筋】歴史・時代小説

【売れ筋】エッセイ・ノンフィクション