晩鐘〈上〉 新装版

晩鐘〈上〉 新装版

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた衝撃作『風紋』。その7年後を描く。――母を殺された真裕子。新聞記者・建部。父が殺人者となった大輔。3人を中心に、それぞれに関わる人間の姿を余すことなく活写する。『風紋』に勝るとも劣らない心理描写に慟哭必至の大作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2015年09月01日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

晩鐘〈上〉 新装版 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年04月20日

    「風紋」では被害者の家族。こちらは加害者の家族に焦点を向けた作品。主人公は加害者の息子、当時幼稚園位だった子が小学校高学年になっている。私学の教師の妻だった加害者の妻はやはり落ちるところまで落ちてしまって、子供を実家に預けっぱなし。この息子は自分の父親については知らない。化粧が厚い時々くる“おばさん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    『風紋』から7年が経過。加害者家族、被害者家族、事件報道の新聞記者にも同様に7年の月日が経ち、身辺それなりに変化している。そうした中で、中学生男子が撲殺される事件が起こる。この事件がきっかけで、何かが動き出す。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月03日

    Rさまオススメの乃南さん
    風紋から7年後のお話。上中下巻の上巻。
    内容としてはさらにとんでもないことになって先が気になるところ。
    しかし、真裕子のその後が危うすぎて悲しいのと苛立つのともやもやしてしまう。
    大輔の年齢とのバランスには自分の想像力が追い付かない。
    二人ともこのあとどうなるのか?
    一気に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    被害者遺族だった真裕子が少しずつ幸せへと向かう中、
    加害者の家族はどんどん不幸の方へと向かっていく。
    結果、主婦殺しの高校教師は、
    その息子の姿を持って己の罪深さを、心底悔いるのだが、
    それは何ともつらい結末でした。

    加害者家族も、被害者家族も、
    どちらの家族もある意味、事件の被害者であり、
    それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月14日

    風紋(上・下)の続編。
    7年後のそれぞれを描く
    上・中・下の3冊

    前回の犯罪加害者の奥さんは
    気持ちよいほどの変貌を遂げる。
    子供は祖父母へ預け
    働いてはいるが自由奔放に生きる。

    一方、被害者の娘は・・・
    相変わらず心の傷が深く
    ひと言で言えば・・・
    ソロソロ立ち直っては?
    と言いたくもなるが
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月16日

    小学生の心情としてはかなり大人びててピンとこない…


    真裕子は前回の風紋より人間味が出ててよかった。
    前回は真裕子という人物像がつかめなかったから。

    真裕子を取り巻く人間が勝手過ぎてそりゃー人間嫌いになるわ。

    風紋で父と姉が散々クズだったけど、今回も反省してると思えない態度や言動で、私なら縁切...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

晩鐘 新装版 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 晩鐘〈上〉 新装版
    660円(税込)
    犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた衝撃作『風紋』。その7年後を描く。――母を殺された真裕子。新聞記者・建部。父が殺人者となった大輔。3人を中心に、それぞれに関わる人間の姿を余すことなく活写する。『風紋』に勝るとも劣らない心理描写に慟哭必至の大作。
  • 晩鐘〈中〉 新装版
    660円(税込)
    犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた衝撃作『風紋』。その7年後を描く。――母を殺された真裕子。新聞記者・建部。父が殺人者となった大輔。3人を中心に、それぞれに関わる人間の姿を余すことなく活写する。『風紋』に勝るとも劣らない心理描写に慟哭必至の大作。
  • 晩鐘〈下〉 新装版
    671円(税込)
    犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた衝撃作『風紋』。その7年後を描く。――母を殺された真裕子。新聞記者・建部。父が殺人者となった大輔。3人を中心に、それぞれに関わる人間の姿を余すことなく活写する。『風紋』に勝るとも劣らない心理描写に慟哭必至の大作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング