「乃南アサ」おすすめ作品一覧

  • 作者名:乃南アサ(ノナミアサ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1960年08月19日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

1988年『幸福な朝食』でデビュー。同作は日本推理サスペンス大賞の優秀作を受賞。『凍える牙』で第115回直木三十五賞を受賞。『地のはてから』、『女刑事・音道貴子シリーズ』、『芭子&綾香シリーズ』など多数の作品を手がける。また、作品の多くが映像化されている。

作品一覧

2016/12/28更新

小説現代 2017年 1月号
涙(上)
702円(税込)
しゃぼん玉
626円(税込)
悪魔の羽根
572円(税込)
あなた(上)
572円(税込)
いちばん長い夜に
853円(税込)
いつか陽のあたる場所で
女刑事音道貴子 鎖(上)
女刑事音道貴子 凍える牙
女刑事音道貴子 未練
女刑事音道貴子 嗤う闇
女のとなり
486円(税込)
駆けこみ交番
756円(税込)
家族趣味
572円(税込)
禁猟区
626円(税込)
結婚詐欺師(上)
583円(税込)
幸福な朝食
626円(税込)
来なけりゃいいのに
今夜もベルが鳴る
540円(税込)
5年目の魔女
583円(税込)
再生の朝
529円(税込)
幸せになりたい
540円(税込)

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 女刑事音道貴子 風の墓碑銘

    上下巻とも、一気に読破できるストーリー展開。白骨化した死体と痴呆症老人の殺人の因果関係とは。メインストーリーとは別に、ニセ警官、警察内女性人間関係模様も、ここに来てひとつの読み物。音道の私生活面も。まだまだ続いて欲しいシリーズ。

    Posted by ブクログ

  • 女刑事音道貴子 嗤う闇

    女刑事音道貴子シリーズ。
    長編の音道貴子作品も読み応えがあるが、短編もなかなかに良い。全4編の短編集。
    時の経過とともに、音道刑事の勤務先も職位も変わり、コンビを組む仲間も、そのキャラクターたちも多種に拡がる。そして、かつてコンビを組んだ中年オヤジも登場。今回の舞台は、音道が子供の頃から過ごした隅田...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 女刑事音道貴子 未練

    6つの短編集からなる本書。
    未解決のままで終わる、続く(?)事件や、些細な酔っ払い事件もあり、凄惨な事件もあり、諸々。
    章末の解説にもある通り、サスペンス・推理小説の短編ということだけを狙ったわけではない作者の意図を、ここまで連作を読んできて感じる。
    しかし、「聖夜まで」は衝撃的なストーリーだった・...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集